So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

撃沈シリーズ-II [野鳥]

今日も撃沈・惨敗・・・2016/8/25撮影

25日も撃沈・惨敗!! 前日と2日続いたのでシリーズとなりました。(/_;)
というのはこの日の本命はタマシギでした。ヒナも一緒というので是非撮りたかったのですが
周囲の雑草が延びて姿が露出しません。
親鳥でさえ草の隙間から垣間見える程度。ヒナに至っては頭が動いている感じのみ。
もう少しヒナが育ってあちこち移動するようにならないと難しそうです。

近くの畑にはケリが見えました。これも田圃との境目ばかりで遠目。陽が射して暖かい日だったので
カゲロウの影響も有り輪郭がすっきりしませんでした。

早目に撃沈シリーズを終わらせたいのですが今日も晴天なのに鳥撮りはお休みです。
                            <坂の上の蜘蛛>



① タマシギ:この日はここが1番見通しの良い場所でした。難しさがおわかり頂けるかと。
  これから行かれる方も覚悟の上でお出かけください。
05-E1DX8834-2-LR.jpg

② ここを通過する瞬間しか撮れませんがそれでも被りなしは1枚もなし。親鳥の後にヒナがいます。
06-E1DX8850-2-LR.jpg

③ 畑と田圃の境目の溝から畑に上がって姿を見せたケリ。
01-E1DX8642-2-LR.jpg

④ ケリって近くてもピントの合いにくい鳥だと思っていますがこの距離では尚更です。
02-E1DX8647-2-Edit-LR.jpg

03-E1DX8686-2-Edit-LR.jpg

04-E1DX8712-2-Edit-LR.jpg

<END>

レンカク [野鳥]

レンカク・・・2016/8/24撮影

ここ10日位で最もトレンディー(?)な鳥、「レンカク」を撮りに遅ればせながら行ってきました。
午後からの参戦でしたが結果は惨敗・撃沈でした。
とにかく遠くて被りだらけ。5時をかなり過ぎて近くに飛来したが今度は手前の蓮の葉がブラインド。
それを見込んで脚立を持ち込んでいる方が多かったので聞いてみたがそれでも厳しかったそうです。
それ以外の方は私に限らずまともには撮れなかったのではと勝手に思って慰めています。(^_^;

できればリベンジしたいと思いますが妙案が浮かびません。小舟でも調達しないと駄目かも。
運が良ければ手前の良い場所に来るようですが、地元の方に見せて貰った写真もかなり厳しいものでした。
再トライ後の写真を待つかと思いましたがそれも保証は無いので恥ずかしながらアップします。
                                    <坂の上の蜘蛛>


① 遙か遠い中洲に発見。
01-E1DX7982-2-LR-2.jpg

② これは数十メートルでしたが手前のハスにブロックされます。 一応「ハス・レンカク」
02-E1DX8314-2-LR.jpg

③ その場所も諦めて遠くから証拠写真に切り換え。
03-E1DX8376-2.jpg

④ こんなポーズも遠くて暗くて様にならず。
04-E1DX8456-2-LR.jpg

⑤ 日没間際です。
05-E1DX8463.jpg

⑥ レンカクにみえるとは思います。
06-E1DX8400.jpg

⑦ かなりトリミングしていますがそれにしても厳しい写真です。
07-E1DX8510.jpg

⑧ 何枚撮っても大きな変化はないのでここで撤収。
08-E1DX8529-2-Edit-LR.jpg

⑨ セイタカシギの飛翔は美しい。まだ明るい内に撮りました。
09-E1DX8159-2-LR.jpg

⑩ 夕方になるとサギがねぐらに集まってきます。
10-E1DX8167-2-LR.jpg

<END>

タグ:レンカク

厚木航空基地-3/3 [野鳥]

戦闘機の勇姿(飛行編)・・・2016年8月撮影-3

夏の高校野球は作新学院が圧勝で優勝。オリンピックも今夜で競技は全て終了します。
選手の皆様本当にお疲れ様でした。そして多くの感動を有り難うございました。
一気に夏が終わった感じで少し寂しい気がします。本当の夏はまだまだ続きそうですが(汗。

さてシリーズ−1では地上・離陸、シリーズ−2では戦闘機以外を特集したので最終シリーズでは
戦闘機の勇姿・飛行編とします。
機体は必ずしも同一ではなくても連続シーンをイメージしてまとめました。

この日は近場の訓練が多く数十機は出入りしていたようです。
おかげで離着陸訓練のタッチアンドゴー、飛行と色々撮ることができました。
                            <坂の上の蜘蛛>



① F/A-18E/F スーパーホーネット(戦闘攻撃機) 類似背景なので一枚に合成。
01-TACK9327合成-2-LR.jpg

② EA-18Gグラウラー(電子戦機)の2機編隊。
02-TACK9564-2-Edit-LR.jpg

03-TACK9552-2-LR.jpg

④ F/A-18E スーパーホーネット
04-TACK0067-2-LR.jpg

⑤ 徐々に接近してきます。
05-TACK0853-2-LR.jpg

06-TACK9796-2-LR.jpg

⑦ 
07-TACK9334.jpg

08-TACK2027.jpg

⑨ 真横上空でパイロットもよく見えます。
09-TACK0892.jpg

⑩ 真横から勇姿の全貌
10-TACK9360.jpg

⑪ 夏雲がアクセントになります。
11-TACK1472.jpg

⑫ 後方背面
12-TACK9489.jpg

13-TACK0775.jpg

⑭ どこから見ても魅力的なスタイルです。
14-TACK1474.jpg

<シリーズ END>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  *以下知人の写真展のご案内です。 現在開催中!!

写真展案内.jpg

「野鳥賛歌クラブ写真展2016」と同時に個展も挙行するものです。
とても素晴らしい写真を撮る方なのでとても参考になると思います。

ここ数年間で砧緑地をはじめ全国各地を駆け巡り撮りためた野鳥写真が主体です。
お時間のある方は是非お立ち寄りください。

富士フォトギャラリー調布

               以上




お山の野鳥探索 [野鳥]

高地探鳥・・・2016/08/19撮影

天気が良くなったのでノンビリとドライブがてら高地探鳥に出掛けました。
しかしまだ世間は夏休み期間中のところも多いらしく高速道路は渋滞気味。
おかげでお山に着いたのは1時半頃で探索するには時間は不足・・・。
めぼしいところを数ヶ所立ち寄る程度で本当にドライブになってしまいました。

しかも唯一撮れたのはオオルリの幼鳥とキビタキの幼鳥のみ。
探鳥にはなりませんでしたが高地は25度以下の気温で車の窓を開けて寝ているのは最高の気分でした。
帰りも高速の渋滞予測2ヶ所合計50km以上ということで一般道で帰宅。9時半頃の帰宅となりました。
                                    <坂の上の蜘蛛>


① この周辺に行ってきました。(スマホ写真です)
00-IMG_0522-LR.jpg

② オオルリの幼鳥です。
01-E1DX2436-2-LR.jpg

02-E1DX2441-2-LR.jpg

④ 早くきれいになって里に下りて来いよ!
03-E1DX2407-2-Edit-LR.jpg

⑤ 胸はまだ産毛かも。
04-E1DX2418-2-LR.jpg

⑥ キビタキも幼鳥から若まで数羽いましたが黄色いのは出てきませんでした。
08-E1DX2448-2-LR.jpg

⑦ 毛並みが揃っているのでキビメス若でしょうか。
09-E1DX2757-2-LR.jpg

⑧ キビタキとオオルリのツーショットのつもり。
10-E1DX2695-2-Edit-LR-2.jpg

<END>


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 P.S.
 *以下知人の写真展のご案内です。 現在開催中!!

写真展案内.jpg

「野鳥賛歌クラブ写真展2016」と同時に個展も挙行するものです。
とても素晴らしい写真を撮る方なのでとても参考になると思います。

ここ数年間で砧緑地をはじめ全国各地を駆け巡り撮りためた野鳥写真が主体です。
お時間のある方は是非お立ち寄りください。

富士フォトギャラリー調布

               以上


近所の自然 [散策]

身近な自然・・・2016/08/07撮影

今日は怪しい雲行きでしたがそろそろしびれを切らして湘南方面に探索に行ってきました。
数ヶ所様子見しましたが何処もまったく期待外れで結果約5時間バイクに乗りっぱなし。
途中少しだけ雨にも見舞われましたがニュースで知りましたが都内の土砂降りのような雨には
遭遇せずに帰宅できました。

と言うわけで昨日久しぶりにマクロレンズを持ち出して近所の花壇や公園で撮った花や昆虫をアップします。
野鳥を始める前は花も少しは撮ってたんですが久しぶりに撮ると難しいですね。
風も強めだったので余計に・・・。 少し気恥ずかしいですがご笑覧ください。
                            <坂の上の蜘蛛>


① 久しぶりのマクロレンズ挑戦。
01-IMG_7748-2-LR.jpg

② 高いところで揺れるひまわりは・・・
02-IMG_7770-2-LR.jpg

03-IMG_7779-2-LR.jpg

04-IMG_7783-2-LR.jpg

⑤ この辺の木にはアブラゼミのコロニーのようにたくさんの蝉が確認出来ました。
05-IMG_7808-2-LR.jpg

⑥ ミンミンゼミが一匹(発見したのは)だけ混じっていました。
06-IMG_7858-2-Edit-LR.jpg

⑦ 肘を木に固定して撮りましたがまだ甘いかな・・・
07-IMG_7912-2-LR.jpg

⑧ キマダラカメムシ
08-IMG_7950-2-LR.jpg

09-IMG_7955-2-LR.jpg

⑩ 「世界に一つだけの花」じゃないが花壇に一輪だけの蓮でした。
10-IMG_7978-2-LR.jpg

<END>


タグ: 昆虫

花火 [その他]

多摩川河川敷・花火の祭典・・・2016/08/15撮影

昨日行われた大田区の花火を紹介します。
大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」として終戦記念日の8月15日恒例行事となっています。
終戦記念日といっても終戦から70年を経た現在、実感を持って迎える方は激減していると思います。
戦争体験者というか戦争時代の記憶が残っている方をザックリ75歳以上とすると約1500万人。
つまり1割程度しか生存していないことになります。
私も含めて「戦争を知らない子供たち」なのです。

それでも例年はテレビを初めとするマスメディアが終戦に因んだ特番を組むのでそういう時期なんだな
と言う程度には感じますが、今年はオリンピックの影響もありそのムードが薄れている気がします。

閑話休題、花火ですが時間がPM7:30〜8:10と短いので規模としては小さいのですがそれでも11万5千人の
観客が訪れたそうです。

この祭典の最高の良さは自宅が桟敷さながら一杯飲みながら観賞できることです。
いつの間にか目の前に高層マンションが建ち、低い位置のスターマインやナイヤガラは見えませんが。
それを見たい時には多摩川まで歩いて行くことになりますがそれすら年々億劫になっています。
                                  <坂の上の蜘蛛>


① 高層マンション超えの花火を多重露光。
01-IMG_2260.jpg

02-IMG_2320.jpg

③ 長時間露光ですが同じ場所に重なってしまった失敗作です。
03-IMG_2353.jpg

④ シンプルな打ち上げ花火。
04-IMG_2329.jpg

05-IMG_2374.jpg

 スターマインが見えないので多重露光で雰囲気を。
06-IMG_2263.jpg

<END>

タグ:花火

厚木航空基地-2/3 [飛行機]

厚木シリーズ・その他の機体・・・2016/08/09撮影-2

只今オリンピック卓球女子団体戦観戦中。かなり苦戦中です。
まー、午前中はほとんどこんな過ごし方が定着してきました。
高校球児やオリンピック選手には申し訳ありませんが癖になりそうです。

今日も鳥撮りは期待薄なので先日の厚木航空基地の続編をアップします。
なにせ2000枚越えとたっぷり撮ったもので・・・。

飛行機は何枚撮っても同じ機体だと変わり映えしないので、今回は戦闘機以外の機体です。
そして雲に絡めて清涼感を狙ってみました。夏雲ですけどね。
                       <坂の上の蜘蛛>


① 雲の合間にヘリが見えます。
01-TACK0962-2-LR.jpg

② E-2C ホークアイ(早期警戒機)も遠目に見ると可愛らしく見えます。
02-TACK0956-2-LR.jpg

③ 接近するとこんな複雑でイカツイ形状です。
05-TACK1050-2-LR.jpg

④ 頭上を通過。 プロペラ機はSSを低速にするので接近するほど被写体ブレしやすくなります。
06-TACK1019-2-LR.jpg

⑤ 高度を下げ滑走路へ 「タッチアンドゴー」の練習をしていました。
07-TACK1033-2-LR.jpg

⑥ 機体は変わりますが米軍輸送機の離陸。 ここではあまり見かけない機体です。
08-TACK1421-2-LR.jpg

⑦ 自衛隊のP-3C哨戒機。 厚木基地周辺ではよく見かけます。
09-TACK9380-2-LR.jpg

⑧ 高度を下げて「タッチアンドゴー」の訓練を何度も繰り返します。
10-TACK9415-2-LR.jpg

⑨ 主翼フラップの色が目立ちます。
11-TACK1775-2-LR.jpg

⑩ 場所によって滑走路が隠れてしまいます。
12-TACK1782-2-LR.jpg

⑪ 違うアングルから。
13-TACK1796-2-LR.jpg

⑫ 間もなく接地。 SSが速いとプロペラが止まってしまい、回転の雰囲気がなくなります。
14-TACK1418-2-LR.jpg

<もう一回続くかも(^^)>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 P.S.
 *以下知人の写真展のご案内です。

写真展案内.jpg

「野鳥賛歌クラブ写真展2016」と同時に個展も挙行するものです。
とても素晴らしい写真を撮る方なので大いに参考になると思います。

ここ数年間で砧緑地をはじめ全国各地を駆け巡り撮りためた野鳥写真が主体です。
お時間のある方は是非お立ち寄りください。

富士フォトギャラリー調布

               以上


オーシャンドリーム号 [散策]

豪華客船とピカチュウ・・・2016/08/13

ピースボート「地球一周の船旅」の豪華客船オーシャンドリーム号の船内見学会がこの週末で
行われていたので大桟橋に夕方行ってきました。

船はたしか明日の夜に出港なのでそのシーンは撮れませんが客船の外観はしっかり眺めてきました。
世界一周船旅はできそうもないので船内見学はしませんでした。(予約制ですが)

今日は赤レンガ倉庫地区にバイクを駐めて写真を撮り始めましたが、赤レンガ倉庫ではピカチュウイベントで
賑わっていました。
私も思いついたようにポケモンGOを初めて見たらあっという間に3個ほどゲットできました。(^^)
いつでも刺激の多いみなとみらい地域です。
                                     <坂の上の蜘蛛>


① 大桟橋に寄港中のオーシャンドリーム号。
01-IMG_7588.jpg

02-IMG_7591.jpg

③ 外国の旅行客が多いです。
03-IMG_7604.jpg

④ これは日本の中学生でしょうか。
04-IMG_7612.jpg

⑤ 釣り老人の自転車です。
05-IMG_7622.jpg

⑥ 大桟橋入り口の壁画。
06-IMG_7705.jpg

⑦ 対面側にも。
07-IMG_7707.jpg

⑧ 大桟橋からみなとみらいを望む。
08-IMG_7721.jpg

⑨ 客船の乗客と思ったけどそんな雰囲気は感じられず、見学会の関係者ですね。
09-IMG_7723.jpg

⑩ 赤レンガ倉庫イベント広場はピカチュウイベントで盛り上がっていました。
10-IMG_7692.jpg

<END>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 P.S.
 *以下知人の写真展のご案内です。

写真展案内.jpg

「野鳥賛歌クラブ写真展2016」と同時に個展も挙行するものです。
とても素晴らしい写真を撮る方なので大いに参考になると思います。

ここ数年間で砧緑地をはじめ全国各地を駆け巡り撮りためた野鳥写真が主体です。
お時間のある方は是非お立ち寄りください。

富士フォトギャラリー調布

               以上


タグ:豪華客船

タマシギ [野鳥]

真夏の休耕田・・・2016/08/11撮影

鳥枯れ・猛暑を理由にTVワッチだけでは体が鈍ると思い、午前中はオリンピック結果観戦。
高校野球は注目のカードのみとし、日射しの強い時間帯は避けて2時過ぎから出かける事にする。

といっても手軽に行くところが思いつかない。
そこでこの時期唯一注目度の高いタマシギに決定。昼食後出掛けて3時頃現地到着。

タマシギは予想通り休耕田にいるのは確認できるが周囲の雑草が延びて姿が思うように見えません。
5時を廻った頃から少し近くに寄ってきたのでなんとかタマシギと解る程度の写真が撮れました。

この先もっと草が延びるとこのポイントは撮影不能になるのでは・・・と懸念されます。
                                <坂の上の蜘蛛>



① 草の隙間から顔だけ、目だけが見えます。
01-TACK9068.jpg

② こんなのばかり。
02-TACK8997.jpg

③ 運が良いとこの程度。
03-TACK9102.jpg

④ 5時過ぎになったら少し近づいてきたのでそこそこ撮ることが出来ました。
04-TACK9053.jpg

⑤ タマシギもオシドリに匹敵する位仲良しですね。
05-TACK8251.jpg

⑥ 営巣中か準備中か解りません。
06-TACK8824.jpg

07-TACK9041.jpg

⑧ いづれ消化不良の写真ばかりでした。
08-TACK8884.jpg

<END>

タグ:タマシギ

厚木航空基地-1/3 [飛行機]

灼熱の厚木基地・・・2016/08/08撮影

立秋とは名ばかり基地周辺は猛暑のこの日、幸いにも台風の影響で強い北風が吹き荒れるも
手持ちのカメラはぶれても暑さを凌ぐ効果は全くなし。
♪風立ちぬ〜♪ い〜ま〜は〜秋・・・はまだまだ先のようです。

今日はだらだら撮っていたら2000ショット越え。
オリンピックTV観戦しながらの作業なのでとても整理はつきそうもなく取り急ぎザックリ10数枚アップします。
                                 <坂の上の蜘蛛>

*⑪⑭テイクオフ以外はノントリです。(APS-C+100-400mm使用)

① 今回はスパホとブラウラーです。 3機編隊のスパホ。
01-TACK0050-2-LR.jpg

② この距離になると3機入れるのは難しくなります。
02-TACK0553-2-LR.jpg

03-TACK0242-2-LR.jpg

④ 
04-TACK0693-2-LR.jpg

⑤ タッチ・アンド・ゴー
05-TACK0477-2-LR.jpg

07-TACK0709-2-LR.jpg

⑦ 腹部をアップしたらボロボロに見えますが・・・んな事ないよね。
08-TACK0615-2-LR.jpg

⑧ 主翼先端(空対空ミサイル部)から白いラインがくっきり。気圧の変化で生じる水蒸気、ヴェーパーの一種。
09-TACK0797-2-LR.jpg

⑨ パイロットの顔が見えそうです。
10-TACK0892-2-LR.jpg

⑩ 電子戦機 EA-18G グラウラー CAG(指揮官)機。 ペイントが格好いいです。
11-TACK1466-2-LR.jpg

⑪ 助走開始直後からフルスロットルでしょうか、アフターファイヤーもジェット噴煙でメラメラです。
12-TACK1711-2-LR.jpg

⑫ タッチアンドゴー
13-TACK9489-2-LR.jpg

⑬ 500番台は電子戦機でしょうか。
14-TACK1817-2-LR.jpg

⑭ F/A-18E Super Hornet 隊長機の300番機!! 強風でもメラメラで機体が歪みます。
15-ACK1887-2-LR.jpg

⑮ ランディングでもテイクオフでも飛んでも格好いい。
16-TACK9836-2-LR.jpg

<続く>


タグ:飛行機
前の10件 | -