So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ハヤブサ [野鳥]

ハヤブサ・育児監視中・・・2018/5/18撮影

はやぶさ(隼)は東北新幹線のフラッグシップ列車の愛称に使用されるほど高速イメージがあります。
飛翔速度が速いため狩りの能力もトップレベルです。
精悍な容姿と良いとにかく格好いい猛禽の一つです(*^^)v

そのハヤブサがこのポイントで今年は2羽雛が孵りました。
この日はやっと巣から岩場に連れ出された様で怪しげな動きで貰った餌を食べたり・・・。
今日あたりはかなり成長して飛び回っているかも知れませんね(^^)
                            |坂の上の蜘蛛|

① 親鳥は遠くの木から見守るだけ。
01-E1DX6432-2LR-1.jpg

02-E1DX6425-2LR-1.jpg

③ 一度飛び出して雛の方に向かったが気付いたのが遅く飛翔はこれしか撮れず。
03-E1DX7006-2LR-1.jpg

④ 親鳥が2羽近くに止まってそのまま動かず撤収するまで固まっていた。
04-E1DX7191-2LR-1.jpg

⑤ 壁面で歩く練習。
05-E1DX6325-2LR-1.jpg

⑥ 思う様に動けず見ていてもはがゆい。
06-E1DX6335-2LR-1.jpg

⑦ たまには飛び跳ねたり。
07-E1DX6393-2LR-1.jpg

⑧ こうしていると少し猛禽らしく見える。
08-E1DX6410-2LR-1.jpg

⑨ 雛が二羽。
09-E1DX7199-2LR-1.jpg

10-E1DX7246-2LR-1.jpg

|END|

タグ:ハヤブサ
nice!(32)  コメント(1) 

カワガラス [野鳥]

カワガラス・・・2018/5/20

1番子はとっくに巣立ったという噂のあったポイントにその後の様子見に行って来ました。
二番子が抱卵中なのかな。何度か巣穴に餌運びをしていました。
まだ雛が孵った後の回数としては少な目なので抱卵中かなと推測?

1時間少々粘りましたが飛び込み回数は五,六回だったでしょうか?
条件が整わないのは理由にならないにしても形は無視してもそれっぽく撮れたのはほんの数枚。
その中で一番良く撮れたのが①です。
つくづく非力さを痛感(/_;)(+_;)(T.T)

今度早朝の光線状態の良い時間帯からチャレンジしてみます。
(鳥が日陰になると色は出難いしピンも来にくくなります)
                        |坂の上の蜘蛛|


① 数回の飛び込みで唯一露出とピントがまーまー合ったのがこのショットのみ^_^;
  野鳥ファンなら皆さんご存じでしょうが、滝の裏側の岩壁に巣があるんです。外敵から身を守る知恵ですね。
01-E1DX0248のコピーLR-1.jpg

02-E1DX0078-2LR-1.jpg

03-E1DX0097-2LR-1.jpg

④ 止まりものは得意ですが、距離があり動きが忙しなくそれすら怪しい(^_^;
04-E1DX0126-2LR-1.jpg

05-E1DX0200-2-EditLR-1.jpg

06-E1DX0537-2LR-1.jpg

07-E1DX0551-2LR-1.jpg

⑧ 午後の光線は水面反射が強くなります。
09-E1DX0621-2LR-1.jpg

11-E1DX9820-2LR-1.jpg

12-E1DX9869-2LR-1.jpg

⑪ 飛び出し体勢ですがここからダイレクトではなくワンクッション入り、惑わされます。
13-E1DX9883-2LR-1.jpg

⑫ 飛んだと思っても巣じゃなかったり(^^)
14-E1DX9833-2-Edit-EditLR-1.jpg

|END|

タグ:カワガラス
nice!(30)  コメント(2) 

イソヒヨドリ [野鳥]

イソヒヨドリ・・・2018/5/18

湘南海岸のイソヒヨドリも営巣真っ最中でした。
オス、メス親鳥が交互に餌を運び込んでいました。
もうすぐ巣立ちかな。楽しみですね。
                |坂の上の蜘蛛|


① 中継点の岩に一旦止まるのですが上半身のみしか見えず(>_<)
01-E1DX7388-2LR-1.jpg

02-E1DX7404-2LR-1.jpg

03-E1DX7406-2LR-1.jpg

④ 巣では雛が餌を待っているようです。
04-E1DX7477-2LR-1.jpg

05-E1DX7499-2LR-1.jpg

06-E1DX7526-2LR-1.jpg

07-E1DX7565-2LR-1.jpg

08-E1DX7590-2LR-1.jpg

09-E1DX7646-2LR-1.jpg

⑩ 以下メス親です。
10-E1DX7279-2LR-1.jpg

11-E1DX7289-2LR-1.jpg

12-E1DX7298-2LR-1.jpg

|END|

nice!(33)  コメント(2) 

林道のオオルリ [野鳥]

オオルリの囀り・・・2018/5/15撮影

昨日は夏日の中林道に探鳥に行って見ました。
狙いものはぱっとせず、最後に立ち寄った林道でオオルリの囀りが難聴の私にも良く聞こえます。
じっくり探すと10メートル以内の枯れ木の天辺で私を呼んでいたんですね(^^)

たっぷり撮らせて貰い、気持ちに余裕が出来たのでビデオで囀りを録画(録音)
残念ながら当ブログはサイズ制限があり、リサイズの仕方など良くわからないので割愛します。

FBにアップしましたので関心のある方は下記にアクセスして下さい(*_*)
https://www.facebook.com/takumi.nagasawa/videos/1763170110436264/
                                    |坂の上の蜘蛛|


① 近いし、新緑をバックに最高のポジションでした。
01-E1DX0808-2LR-1.jpg

02-E1DX0819-2LR-1.jpg

03-E1DX0875-2LR-1.jpg

④ よく囀る個体でした。
04-E1DX0894-2LR-1.jpg

05-E1DX0940-2LR-1.jpg

06-E1DX1019-2LR-1.jpg

07-E1DX1061-2LR-1.jpg

08-E1DX1074-2LR-1.jpg

09-E1DX1123-2LR-1.jpg

10-E1DX1145-2LR-1.jpg

|END|

タグ:オオルリ
nice!(51)  コメント(4) 

ライチョウ(雷鳥) [野鳥]

ライチョウ(雷鳥)Final編・・・2018/5/15記

厳しい山行を強いられた雷鳥撮影から間もなく一週間経過します。
そろそろ飽きられそうなので三編でFinalとします。

実際大量の写真をチェックしている内に私自身が見飽きてしまうのは事実なんです(^^)
                                |坂の上の蜘蛛|

① 2日目の夕方やっと雲の切れ間から陽が射してきたので早速出掛けました。
01-EO7D8347PS2PS統合-2LR-1.jpg

② 3日目(最終日)は一日中ドピーカの晴天でした(^^)
02-EO7D9006-2LR-1.jpg

③ ライチョウも久しぶりの晴天が嬉しいのか?
03-EO7D9020-2LR-1.jpg

04-EO7D9050-2LR-1.jpg

05-EO7D9076-2LR-1.jpg

⑥ 二つの凹みに潜ってなかなか出てきません。
06-EO7D9459-2LR-1.jpg

07-EO7D9556-2LR-1.jpg

⑧ なかなか山塊と重なる場所には行ってくれませんでした(T.T)
08-EO7D9616-2LR-1.jpg

09-EO7D9705-2LR-1.jpg

10-IMG_0664-2LR-1.jpg

11-IMG_0667-2LR-1.jpg

⑫ 数メートルまで接近してきます。
12-IMG_0676-2LR-1.jpg

13-MG_0690-2-EditLR-1.jpg

14-IMG_0742-2LR-1.jpg

15-IMG_0760-2LR-1.jpg

16-IMG_0790-2LR-1.jpg

|END|

nice!(47)  コメント(2) 

雷鳥と棲息域 [野鳥]

雷鳥と生息域ガイド・・・2018/5/14記

雷鳥シリーズ2は雷鳥とその生息環境をまとめて見ました。観光写真レベルですが。

                             |坂の上の蜘蛛|


① 2日目の夕方やっと山の稜線に陽が射し始めました。
01-EO7D8729-2LR-1.jpg

② 陽が射すと一気に風景が変わり霞んではいるものの撮影意欲が涌きます。
  雷鳥のツガイを発見。結局3日間遭遇出来ました。
02-EO7D8347PS2PS統合-2LR-1.jpg

③ 2日目山荘に戻ったらこんな綺麗な夕景になりました。
03-EO7D8742-2LR-11.jpg

④ 3日目の最終日はドピーカの天気で気分は爽快!! しかし雪道歩行はきつい。
04-EO7D9540-2LR-11.jpg

⑤ ツーショット 可愛いです(^^) ツガイも縄張りも決まってそろそろ営巣に入るかも。
05-EO7D9539-2LR-1.jpg

⑥ 時々山の斜面を見ていましたが、30分で数メートル進んでいるかどうか?
06-EO7D9783-2LR-11.jpg

07-IMG_0639-2LR-11.jpg

⑧ 雪の大谷ウォーキング入り口付近。 壁の最高点は16メートルとか(@_@;)
08-IMG_0655-2-EditLR-1.jpg

⑨ 投宿山荘の案内板(*_*)
09-IMG_0657-2-マスク.jpg

|END|

nice!(39)  コメント(2) 

ライチョウ(雷鳥) [野鳥]

冬羽のライチョウ(雷鳥)・2018/05/12記
<今回のお気に入り写真です>
00-IMG_0817ps統合-2LR-1-3.jpg

冬羽のライチョウを撮りたくて中部山岳の立山室堂に遠征してきました。

昨年初夏乗鞍で夏鳥(親子連れ)を撮った時から今度は冬羽と心に決めていましたが
どうも冬羽は気が重く、連休明けになってしまいました。
その理由は今年は雪が多かったこともあり、5月でも冬山の雪景色そのもの。
それに富山は高速道路事情的にも不便で遠く感じる・・・等々

山の天気は当てにならずの通り初日はずっと霧雨。2日目は吹雪まじりの積雪で午後から晴れる予定も
5時過ぎから陽が射す有り様。6時頃には素晴らしい雪山の景色を望むことができた。
最終日は早朝から素晴らしい蒼穹・紺碧の空の元、気持ちよく探鳥出来た。

天気の割には出は良くなかったけどとにかく3日間毎日雷鳥に出会うことが出来てラッキー!!だったかな(^^)

                                      |坂の上の蜘蛛|


① 美女平から室堂までは立山高原バスで1時間弱。有名な大谷(雪壁)を通過します。
01-IMG_0423-2LR-1.jpg

② 霧雨で数十メートル先は見えないので簡単には探せませんでしたが、なんとか見つけました。
02-EO7D7600-2LR-1.jpg

③ 一旦見つけたらあまり逃げないので撮影は意外に簡単です。
  但し思ったシチュエーションでは撮らせてくれません(^_^;
03-EO7D7619-2LR-1.jpg

④ オスもメスも想像以上に色が濃くなっていました。
04-EO7D7635-2LR-1.jpg

05-EO7D7643-2LR-1.jpg

06-EO7D7651-2LR-1-2.jpg

07-EO7D7703-2LR-1.jpg

08-EO7D7846-2LR-1.jpg

⑨ とにかくハイマツの周辺に現れます。
09-EO7D7865-2LR-1.jpg

10-EO7D7904-2LR-1.jpg

11-EO7D7923-2LR-1.jpg

13-EO7D8120-2LR-1.jpg

14-EO7D8178-2LR-1.jpg

⑭ ツガイのツーショットは時々撮れました。
15-EO7D8454-2LR-1.jpg

|続く|
翌日の夕方やっと晴れ間が出ました(山荘から)16-EO7D8750-2LR-1.jpg



タグ:ライチョウ
nice!(44)  コメント(4) 

お山の小鳥たち [野鳥]

続・お山の小鳥たち・・・2018/5/8(5/2撮影)

山行で撮りためたお山の小鳥達も最終版です。
今回は通常脇役の「クロジ」「ソウシチョウ」「アカハラ」です。

そうは言うものの鳥は背景やポーズでそれなりに美しく撮れるものですね。
つまり、撮る側の気持ちの入り様で違ってくると言うことでしょうか(^^)
                           |坂の上の蜘蛛|


① クロジの光沢はいぶし銀の風格があります。
01-E1DX7292-2LR-1.jpg

02-E1DX7754-2LR-1.jpg

03-E1DX7755-2LR-1.jpg

04-E1DX7780-2LR-1.jpg

05-E1DX9052-2LR-1.jpg

06-E1DX9057-2LR-1.jpg

⑦ 久しぶりに見るソウシチョウも結構可愛らしく新鮮に見えました。
07-E1DX7339-2LR-1.jpg

08-E1DX7441-2-EditLR-1.jpg

09-E1DX7445-2-EditLR-1.jpg

10-E1DX7452-2LR-1.jpg

11-E1DX7453-2LR-1.jpg

⑫ アカハラ
12-E1DX7457-2LR-1.jpg

⑬ アカハラはあまり感動がなかったかも・・・(^^)
13-E1DX7375-2LR-1.jpg

14-E1DX7399-2LR-1.jpg

15-E1DX7418-2-EditLR-1.jpg
|END|

nice!(57)  コメント(11) 

オオルリとイカル [野鳥]

お山のオオルリと久々のイカル・・・2018/5/7

オオルリは常に主役を張れる被写体で通っているがイカルとなるとその立場は怪しくなる。
勿論例外もあるがわざわざイカルを撮りに行くほどの対象物ではない気がする。
どうしてもコイカルに押され気味・・・私見ですが。

その対象物がお山の森に同時に現れ、結局どちらも夢中に撮ってしまいました(^^)
個人的にイカルは久しぶりだったこともありますが小鳥はみな可愛いんですね(^^)
                     |坂の上の蜘蛛|


① お山の森に現れたオオルリ。枝が多くスッキリ写真は撮れずかな。
01-E1DX0027-2LR-1.jpg

02-E1DX0051-2LR-1.jpg

03-E1DX0091-2LR-1.jpg

04-E1DX0110-2LR-1.jpg

05-E1DX0120-2LR-1.jpg

⑥ こちらは久しぶりに遭遇したイカルです。
06-E1DX9719-2LR-1.jpg

07-E1DX9731-2LR-1.jpg

08-E1DX9753-2LR-1.jpg
09-E1DX9760-2-EditLR-1.jpg

⑩ よく見るとイカルの羽根は美しい色彩です。
10-E1DX9782-2-EditLR-1-2.jpg

⑪ このアングルでも羽根の美しさが解ります。
11-E1DX9850-2LR-1.jpg

⑫ 水場に降りてきました。
12-E1DX9933-2LR-1.jpg

|END|

nice!(44)  コメント(0) 

里のキビタキ [野鳥]

夕暮れ迫る里のキビタキ・・・2018/5/6(5/4撮影)

今期はキビタキが不漁というので山間部に行って撮って来たのにその2日後には里の公園で撮影出来ました。
何とも皮肉な気もしますが良いことなので素直に喜びます(^^)

それにしてもこの日は夕方5時半から6時頃の登場で日が延びたとは言え若葉が生い茂った森の中は暗いです。
ISO感度を25600までアップしてSS1/50秒程度と被写体ブレとノイズで歩留まりは低く満足の行く結果では
ありませんが、そんな条件でも今時のカメラは何とか撮れるというサンプルのつもりでアップしました。(^_^;
そういう目で見ていただけると幸いです(^^)
                     |坂の上の蜘蛛|


① いきなり奥まった暗い場所に登場です(^_^;
01-E1DX7843-2-EditLR-1.jpg

② 個体もまだ若様の様で色ムラがあります。
02-E1DX7826-2-Edit-EditLR-1.jpg
③ 木漏れ日の関係で少し明るさも変化します。
03-E1DX7887-2LR-1.jpg

04-E1DX7912-2LR-1.jpg

⑤ この時間(暗さ)になってやっと警戒心が解けたのか水浴び体勢です。
05-E1DX8020-2-EditLR-1.jpg

⑥ 水浴び後の羽繕い。
06-E1DX8054-2-Edit-EditLR-1.jpg

07-E1DX8107-2-Edit-EditLR-1.jpg

08-E1DX8196-2-EditLR-1.jpg

09-E1DX8219-2LR-1.jpg

⑩ なんとオスが2羽登場!! バトルすることもなく仲良く水浴びをしていました。
10-E1DX8393-2LR-1.jpg

11-E1DX8397-2LR-1.jpg

⑫ 18:05を最後のショットに撤収しました。
12-E1DX8412-2LR-1.jpg

|END|

タグ:キビタキ
nice!(45) 
前の10件 | -