So-net無料ブログ作成
検索選択

富士山周辺散策 [散策]

9月29日・・・富士山周辺。

今日は意気込んで富士山周辺に出かけましたが、鳥はさっぱり。
一応行ってきたと言う証拠写真を数枚掲載しました。
それでも富士山中腹は濃いガスに覆われ肌寒い陽気でしたが3号目から上の方は素晴らしい秋晴れ。
富士山の斜面はすっかり紅葉していました。
                    <坂の上の蜘蛛>


 昨日(2015.9.28 18:27)のスーパームーン。
  帰宅途中バイクで多摩沿線道に出たらあまりに綺麗な月が目に入ったので土手に上がって撮影しました。
  *地平線から月が出て暫くはオレンジ色に煌々と輝いています。
01-TACK4218-LR.jpg



 ここから本日の記事です。
 今日の富士山です。すっかり紅葉していました。スマホ撮影ですが侮れません。
02-IMG_0284-LR-2.jpg


 鳥撮りはさっぱり。・・庭に行ったという証拠写真です。
03-TACK4444-LR.jpg


 ウソは良く出ました。
04-TACK4569-LR-2.jpg


 ヒガラも頻繁に出ました。
05-TACK4642-LR.jpg


 それにしても秋晴れの良い天気でした。ヒガラも気持ちよさそうです。
06-TACK4711-LR-2.jpg


 ルリビタキは♀のみ。
07-TACK4698-LR-2.jpg

<END>

キビタキ♂ゲット! [野鳥]

2015.9.24・・・武蔵野の秋。

午後から用事があったので午前中勝負で近場に行ってきました。
何とキビタキの♂がほんの一瞬というか数秒づつ、2回登場してくれました。
今期初のキビ♂で〜す!!
もう少し粘ればまだまだ出てきそうでしたが12時がタイムリミット。
後ろ髪引かれる思いで撤収しました(×_×)
                    <坂の上の蜘蛛>


① 今期初のキビタキ♂
01-TACK3898-LR.jpg


02-TACK3915-LR.jpg


③ 同じシーンばかりです。
03-TACK3922-LR.jpg


④ キビタキ♀も可愛いですが既に何度か撮っています。
04-TACK3939-LR.jpg


05-TACK3942-LR.jpg


⑥ 2回目の登場。これは数秒というより一瞬で飛び去りました。
06-TACK3963-LR.jpg

<END>

ヨタカ [野鳥]

都内公園にて・・・2015.9.22

シルバーウイークも残すところあと1日。毎日秋晴れの晴天に恵まれています。
私はといえば特に行きたいところも見当たらず取り敢えず近場の様子を探りに・・・。
そこで突然ヨタカの情報を耳にしました。
運良く比較的近くにいたので急遽駆けつけました。
何とか間に合ってくれと念じながら到着したのは4時近く。
それにしてもWebパワー(携帯メールかな)にはただ驚くばかり。
現地には100人ほどのカメラマンがスタンバイ。入る隙間もない位。
幸いにもヨタカはほとんど動かないので焦る必要がないのでそれなりに納まって撮影できました。

5時を過ぎて日が陰る頃から多少動きが出てきたものの、私はタイムアウトで撤収と相成りました。
昨年あたりからヨタカの出没が増えたような気がします。
                           <坂の上の蜘蛛>


① 2時間ほど現地に居ましたがヨタカはほとんど動かず、私の位置からは目も見えません。
  ここに掲載した写真はほんの一瞬目を開けたり身動きした瞬間を捉えたものです。
01-⑦TACK3602-LR.jpg


② 鳥も動かないけど私も動けません。
02-⑧TACK3621-LR.jpg


③ たまに羽を動かしたり体を揺すりながら回転したり。
03-②TACK3497-LR.jpg


04-⑥TACK3558-LR.jpg


⑤ 大きなあくびをしました。 もう少し退いて撮れたら口の中が見えるんだけど。
05-④TACK3534-LR.jpg


⑥ 夜になると大きく口を開いて飛びながら羽虫や蛾を捕食します。
06-⑤TACK3535-LR.jpg


⑦ 日中はほとんど首をすくめた姿勢で目を閉じています。
07-①TACK3457-LR.jpg


⑧ 動きがないので変わり映えのしない写真ばかりです。 
08-③TACK3523-LR.jpg

<END>

タグ:ヨタカ

秋の渡りシーズン到来 [野鳥]

エゾビタキ・キビタキ♀・・・都内公園。   2015.9.19撮影

今日は昼食後出発。比較的近場の都内公園に。
到着したら数名のカメラマンが45度位の仰角で何かを狙っている。
私は支度が間に合わずこのシーンは逃してしまった。
聞いてみたところエゾビタキだったとのこと。ならまた来るだろうと思って待つことにした。
予想通り一時間もしないうちに再び三度登場してくれた。
合間にキビタキのメスも出てくれて退屈しない半日でした。キビオスの登場が待ち遠しいです。

 *ところで蝦夷ビタキの名前の由来はなんでしょう?蝦夷との関わりがあるのでしょうか。。。?
                               <坂の上の蜘蛛>


① エゾビタキ。今日は10m以下でした。
01-TACK2328-LR.jpg


② 胸の縦斑が鮮明です。
02-TACK2371-LR.jpg


03-TACK2443-LR.jpg


04-TACK2503-LR.jpg


05-TACK2504-LR.jpg


06-TACK2690-LR.jpg


⑦ 面白いつばさの動き。
07-TACK2696-LR.jpg


⑧ こういう動作も羽繕いと呼んでいましたが、どちらかと言えば背伸びレベルではないでしょうか。
08-TACK2701-LR.jpg


⑨ 長時間同じ姿勢をとっていれば背伸びしたくなります。
09-TACK2727-LR.jpg


⑩ これは顔がかゆかったのかな。
10-TACK2774-LR.jpg


⑪ 蚊でしょうか。
11-TACK2778-LR.jpg


⑫ キビタキが突然餌を咥えてきました。
12-TACK2447-LR.jpg


⑬ 口に含みました。
13-TACK2455-LR.jpg


⑭ キビ♀も角度によってスマートに見えます。
14-TACK2863-LR.jpg


⑮ ありふれたポーズですが可愛いです。
15-TACK2888-LR.jpg


16-TACK2890-LR.jpg

<END>

秋の渡り [野鳥]

続・里山の秋        2015.9.14撮影

14日の続きです。「キビタキ♀」「コサメビタキ」「エゾビタキ」をアップします。
コサメビタキは近くに来ませんでしたが、これから秋の渡り鳥が続々と出てくるのが楽しみです。
                             <坂の上の蜘蛛>

チリ巨大地震に依る避難勧告が太平洋沿岸各地に発令されています。
今朝は緊急車両のサイレンの音で5時頃目覚めました。
津波の予想高さは1m程度で今のところ被害情報は出ていません。大事に至らないことを祈ります。 


① キビタキの♀
01-5W0A0256-2-LR.jpg


02-5W0A0281-2-LR.jpg


03-5W0A0305-2-LR.jpg


④ コサメビタキ
04-5W0A9683-2-LR-2.jpg


⑤ 少し遠目です。
05-5W0A9724-2-LR-2.jpg


06-5W0A9727-2-LR-2.jpg


07-5W0A9734-2-LR-2.jpg


⑧ エゾビタキ
08-5W0A9826-2-LR.jpg


⑨ 
09-5W0A9838-2-LR.jpg


⑩ やっと近くに来たエゾビタキ。
10-5W0A9942-2-2-LR.jpg

<END>

高地の野鳥 [野鳥]

2015.9.15・・・富士山周辺の野鳥

今日はまーまーの天候なので富士山周辺まで出かけてみた。
5合目付近は陽が射すととても心地よい陽気だが陽が陰るとダウンジャケットが欲しくなるほど冷え込む。
流石超標高2500メートルだ。

今日は色々事情があり、私の期待した鳥には出会えなかったが手土産はあったのでまーまーかな。
又、近いうちに行ってみようと思います。
                               <坂の上の蜘蛛>


① ウソ♂
01-5W0A0595-LR.jpg


② ウソ♀
02-5W0A0686-LR.jpg


③ ルリビタキ♀
03-5W0A0698-LR.jpg


04-5W0A0703-LR.jpg


⑤ まだまだ平野部には降りないでしょう。
09-5W0A0843-LR.jpg


⑥ 
10-5W0A0848-LR.jpg


⑦ コガラも出てきました。
05-5W0A0708-LR.jpg


⑧ ベレー帽のコガラ。
06-5W0A0721-LR.jpg


⑨ 午後からヒガラが頻繁に出てきました。
07-5W0A0874-LR.jpg


⑩ ノーネクタイのヒガラもそれなりに可愛いです。
10-

<END>

センダイムシクイ [野鳥]

2015.9.14・・・里山の秋

今期初とも言える秋晴れの陽気でしたが、予想外に気温は下がらず平野部は夏のぶり返しでした。
しかし小高い山の上にいると爽やかな秋風を感じることができ、心地よい1日でした。

そして秋の小鳥も少しばかり出てくれたので久しぶりに満足の鳥撮りでした。
因みに今日の鳥課は次の通り。
 エゾビタキ、コサメビタキ、センダイムシクイ、キビタキ♀、その他。

今日はセンダイムシクイをアップします。(その他は後日)
                        <坂の上の蜘蛛>


① 榊の中から現れたのはセンダイムシクイ。
01-5W0A9898-LR.jpg


② 
02-5W0A9901-LR.jpg


03-5W0A9959-LR.jpg


④ 体が小さく頭央線が薄いなど、もしかして若でしょうか。
04-5W0A9962-LR.jpg


05-5W0A0004-LR.jpg


06-5W0A0029-LR.jpg


07-5W0A0270-LR.jpg


08-5W0A0482-LR.jpg


09-5W0A0512-LR.jpg


⑩ とにかくかわいいセンダイムシクイでした。
10-5W0A0578-LR.jpg

<END>


初秋の1日 [野鳥]

2015.9.12・・・橫浜市内の公園。

昨日も台風一過という感じではなかったが久しぶりに晴れ間が出たので近場の公園巡りをしたが
結果は坊主。久しぶりの鳥撮りがアップダウンコースで慣らし運転には厳しい1日だった。

そして今日は気分転換に横浜方面に出向いた。
公園に到着すると顔見知りの方達がサンコウチョウが出ているとかコサメが出ていると教えてくれたので
張り切ってポイントに向かったがやはりそう簡単には出ないようだ。(森の中を回遊しているようです)

それでも2時間ほど待って諦めて移動を始め10mほど進んだところでサンコウチョウの飛翔を発見。
しかしとにかく枝被りで逆光と最悪のコンディション。それに忙しなくフライングキャッチを繰り返し
3秒と静止してくれない。私はといえば狭い階段で三脚使用のため速い動きに着いて行けない。
お陰で私の腕では手も足も出ず、以下の証拠写真が精一杯でした。
コサメビタキは単純に暗すぎただけです。
というわけでエクスキューズ付きでアップしますのでご了承の上ご笑覧下さい。
                           <坂の上の蜘蛛>


① 「コサメビタキ」 暗すぎてピンとは甘いしノイズも多い。(現像処理で明るく見えますが)
01-5W0A2036-LR.jpg


② 因みにここは肉眼ではピンと確認出来ない程暗かった。
02-5W0A2061-LR.jpg


③ 季節外れの「サンコウチョウ」 逆光でピント合わせが難しい。 この時期長い尾はないがたぶん♂
03-5W0A2078-LR.jpg


④ これは羽繕いではなく、飛び出しの瞬間です。
04-5W0A2085-LR.jpg


⑤ カワセミも風で揺れる葦の間隙を抜けての撮影です。
05-5W0A2151-LR.jpg


⑥ 障害物がないとすっきり。 メス若のようです。
06-5W0A2153-LR.jpg


⑦ 距離は近かったが逆光の木の陰。
07-5W0A2228-LR.jpg


⑧ おまけのカワセミだけがまともに撮れた1日でした。
08-5W0A2257-LR.jpg

<END>

ツツドリ [野鳥]

ツツドリ(II・・・都内公園。 2015.9.4撮影

9月に入って多少涼しくなったが相変わらず不安定な天候が続いています。
都心は度々集中豪雨に見舞われるし、晴れの日は湿度が高く蒸し暑い不快な天候に悩まされます。
まー、お彼岸までは暑い日もあるってことでしょうか。
それでも鳥撮りに行く気になるのは少しは涼しくなった証かもしれませんね。

というわけでこの日は都内公園にツツドリを撮りに。
土曜日と言うこともありカメラマンもそこそこいたのでポイントは容易にわかります。
あとは良いところに出てくれるかどうかの問題です。
少し高い木の上部なので少し遠く仰角がキツかったがまーまーそこそこのところに数回出てくれたので
なんとか撮ることができました。

あちこちに秋の渡りが入って居る噂もあり、確実に秋は近づいているようです。
 いよいよシーズン到来!!
                       <坂の上の蜘蛛>


① これはおまけです。 アカボシゴマダラの口(口吻・吸収管ともいう)がよく見えたので。  
00-E1DX9259-LR.jpg


② 以下ツツドリです。
01-E1DX9298-LR.jpg


02-E1DX9325-LR.jpg


④ 距離15〜20メートルと少し遠い。
03-E1DX9390-LR.jpg


⑤ 毛虫ではなく何かの幼虫を咥えて振り回していました。
04-E1DX9484-LR.jpg


05-E1DX9543-LR.jpg


06-E1DX9551-LR.jpg


⑧ 時々羽繕いをします。
07-E1DX9555-LR.jpg


09-E1DX9638-LR.jpg


⑩ 今度は毛虫です。
10-E1DX9733-LR.jpg

<END>

タグ:ツツドリ

海の水鳥 [野鳥]

9月4日・・・東京湾の海浜。

水鳥に疎い私が海浜の水鳥を撮りに行って来ました。
噂通りシギ類や多くの水鳥が遠浅の干潟に群れていました。
コチドリやミヤコドリ程度は私でも知っているが、シギ類になると名前も区別もまるで解らず▲×!@w

しかし私が見た限り、稀少な鳥は見当たらなかったと思う。
常連さんに聞いてみたが、そういう鳥は時折り出ることはあるがそうそう出るものではないとのこと。
今日は◎◎と××が出たと聞いてもそれが稀少なのか名前すら覚えられない体たらくです。(泣き)

図鑑で名前を調べましたが良くわかりませんでした。難しいですね。
私が調べた範囲で名前を記載しましたが、もし間違っていたらご指摘願います。
                          <世話の焼ける蜘蛛>


*同類と判明したものは少し削除しました。
① ダイゼン(たぶん親子ですね) 
01-E1DX8506-LR.jpg


② ダイゼン
02-E1DX8559-LR.jpg


③ ダイゼン
03-E1DX8787-LR.jpg


④ ダイゼン
04-E1DX9145-LR.jpg


⑤ ダイゼン?ミユビシギ?ムナグロ? ちんぷんかんです。
05-E1DX8979-LR.jpg


⑥ ミユビシギ?
07-E1DX9094-LR.jpg


⑦ ミユビシギ?
08-E1DX9160-LR.jpg


⑧ オバシギ?
09-E1DX9156-LR.jpg


⑨ オバシギ?
10-E1DX9116-LR.jpg


⑩ ミヤコドリ
11-E1DX9217-LR.jpg


⑪ ミヤコドリ 
12-E1DX9227-LR.jpg


⑫ ソリハシシギ
13-E1DX9040-LR.jpg


⑬ ソリハシシギ
14-E1DX9058-LR.jpg


⑭ ソリハシシギ
15-E1DX9063-LR.jpg


⑮ キアシシギ
16-E1DX9056-LR.jpg


⑯ キアシシギ
17-E1DX9086-LR.jpg


⑰ オオソリハシシギ
18-E1DX8919-LR.jpg


⑱ オオソリハシシギ
19-E1DX9128-LR.jpg


⑲ オオソリハシシギ
21-E1DX9185-LR.jpg


⑳ オオソリハシシギの幼鳥の様です。(成鳥と形は似ているが羽の模様が異います)
22-E1DX8433-LR.jpg


㉑ ミユビシギより嘴が細いので不明。
23-E1DX9101-LR.jpg


㉒ オバシギ
24-E1DX9103-LR.jpg


㉓ キアシシギ
25-E1DX9126-LR.jpg


㉔ シロチドリ (コチドリに見えるが胸の黒帯がない)
26-E1DX8615-LR.jpg

<END>

タグ:水鳥