So-net無料ブログ作成

チョウゲンボウ [野鳥]

谷戸のチョウゲンボウ(東京都区外)・・・2016/01/31

雨天、寒波、行っても撮れなかったなどの理由で久しぶりに鳥撮りをしてきた感じです。

とはいえこの時期チョウゲンボウは繁殖期には時期尚早。
それでも2組のペアリングは成立していたようですが活性がイマイチ。
おかげでダイナミックなシーンには遭遇出来ず撮れませんでした。
まー当てずっぽうに行って撮れただけ良しとします(^^)
                        <坂の上の雲>


① 今日は結構距離があり厳しい条件でした。全てトリミングしています。
01-E1DX2345-LR.jpg


02-E1DX2377-LR.jpg


03-E1DX2385-LR.jpg


04-E1DX2389-LR.jpg


05-E1DX2398-LR.jpg


06-E1DX2653-LR.jpg


07-E1DX2659-LR.jpg


08-E1DX2445-LR.jpg


09-E1DX2553-LR.jpg


10-E1DX2606-LR.jpg


11-E1DX2613-LR.jpg


12-E1DX2680-LR-2.jpg

<END>

アリスイの仲間達 [野鳥]

湘南地区の公園にてその2・・・2016/1/8撮影

ここ数日所用が重なり鳥撮りに出かけていません。
そこで在庫から未投稿記事をアップします。
記事はアリスイを撮りに行った公園で出会った小鳥たちです。
もう大分日が経ちましたが。繋ぎです。
                    <坂の上の蜘蛛>


① この公園は先ずモズの洗礼を受けます。別に攻撃されるわけではありませんが。
01-E1DX8054-LR.jpg


② 鋭い嘴です。
02-E1DX8062-LR.jpg


③ 木の葉もすっかり枯れています。枯れ木にモズか・・・。
03-E1DX8071-LR.jpg


④ アリスイを待っている間に時々カワセミが飛んで来ます。
04-E1DX8080-LR.jpg


⑤ サギの舞い。たぶん電線音頭(^_-)
05-E1DX8084-LR.jpg


⑥ 飛び出しを待っていましたが舞っているだけでした。
06-E1DX8090-LR.jpg


⑦ オカヨシガモ♀
07-E1DX8095-LR.jpg


⑧ オカヨシガモ♂
08-E1DX8107-LR.jpg


⑨ ツガイのようです。
09-E1DX8109-LR.jpg


⑩ ほんの一瞬オオアカハラが着陸。
10-E1DX9017-LR.jpg


⑪ 連写でも数ショットしか撮れず。
11-E1DX9020-LR.jpg


⑫ ジョウビタキ♂
12-E1DX9030-LR.jpg


⑬ 背景は枯葉だったかな。
13-E1DX9033-LR.jpg

<END>


トモエガモ [野鳥]

都心のトモエガモ・・・2016/1/21撮影

今日はイマイチ出かける気分にならず、家で写真データ整理等諸々。
というわけで特ダネもないので予告通り「トモエガモ」をアップします。
昨年は東京港野鳥公園に数回通ってやっと撮れたのを思い出します。
しかしこの日はすんなり撮れました。天気も良く光線状態も良かったので写りもまーまー。
やはり都心の鳥は垢抜けているのかな・・・w
                     <坂の上の蜘蛛>



① 一回り小さいトモエガモがマガモ集団を率いて移動しています。
01-TACK9178-LR.jpg


② 普段は群れの端にいることが多いような。
02-TACK9150-LR.jpg


03-TACK9155-LR.jpg


④ 突然羽ばたきましたが被りがあって蹴られてしまいました。
04-TACK9131-LR.jpg


⑤ 人がいないと丘に上がってどんぐりや椎の実を食べます。
05-TACK8896-LR.jpg


06-TACK8765-LR.jpg


⑦ ドナルドダックのステップ?
07-TACK9032-LR.jpg


08-TACK9041-LR.jpg


09-TACK9108-LR.jpg


⑩ 陸に上がったショットが多くなりました。 
10-TACK9119-LR.jpg

<END>

 予告:次回は未定です。


タグ:トモエガモ

トラツグミ [野鳥]

都心の”トラツグミ”・・・2016/1/21

トラツグミの特徴は口笛のようなか細い鳴き声です。フクロウと同様夜に鳴き、暗い森林に響き渡ります。
この鳴き声があまりにも寂しげで不気味なことから、地方では「幽霊鳥」や「地獄鳥」などと呼ばれた
そうです。
また、この不気味な鳴き声は、古事記や万葉集にも登場し、伝説の怪物「鵺(ヌエ)」と恐れられていた
そうです。平家物語の「鵺退治」の方が良く知られているかも知れませんね。(出典:Webその他)

しかし、私的にはトラダンスは見せてくれるしとても表情豊かな愛嬌ある鳥だと思います。
                                 <坂の上の蜘蛛>


① とても近くで撮れましたが、ここは垣根に囲まれた林の中です。
01-TACK9248-LR.jpg


② 餌ではなく時々ペリット(たぶん)を吐き出します。
02-TACK9258-LR.jpg


③ 都心でも日陰には雪が残っていました。 ユキ・トラ あまり語呂が良くないですね。
03-TACK9325-LR.jpg


④ 「鵺」などと化け物のように呼ばれるなんて迷惑な伝説ですね。
04-TACK9330-LR.jpg


⑤ とてもひょうきんな仕草です。
05-TACK9333-LR.jpg


⑥ この場所で30分ほど固まっていました。
07-TACK9434-LR-2.jpg


⑦ 羽繕いをしていました。ここの個体は木の枝に上がりません。
08-TACK9491-LR-2.jpg


⑧ 100-400mmレンズの手持ち。SSは時々1/60秒まで落としました。
09-TACK9560-LR.jpg


⑨ テレ側400mmでは画面一杯になるのでズームで退いて撮りました。
10-TACK9601-LR.jpg


⑩ 地面と保護色なので際立ちませんが、この位の画角が良いですね。
12-TACK9656-LR.jpg

<END>

予告:次回はトモエガモの予定です。



タグ:トラツグミ

雪中の鳥。。。ならず [野鳥]

ミソサザイ・イカル・・・2016/1/19

日本列島が寒波に覆われ各地で猛吹雪に見舞われているようです。
そんな中でも東京近郊は素晴らしい晴天で朝夕は冷え冷えしているものの
外に出ると日中の日向は凌ぎやすい陽気でした。
というわけで今日も鳥撮りに。しかし昨日の雪の影響も考慮して近場にしました。

公園内は遊歩道以外は残雪がたっぷり。雪絡みで色のついた鳥を期待しましたが
どちらかと言えばモノトーン調の鳥ばかりでしたww
                      <坂の上の蜘蛛>


① 一応雪絡みのミソサザイ。
01-E1DX1323ps-LR.jpg


02-E1DX1327-LR.jpg


03-E1DX1672ps-LR.jpg


04-E1DX1680ps-LR-2.jpg


05-E1DX1792ps-LR.jpg


06-E1DX1925ps-LR.jpg


07-E1DX1991ps-LR.jpg


⑧ 基本的にミソは暗いところばかり素早く動き回ります。そんなときは惜しみなく高感度頼りですww08-E1DX2099ps-LR.jpg


⑨ 20羽位のイカルの群れ。
09-E1DX1433-LR.jpg


⑩ 高い木の上でお腹ばかり。そこで飛翔を狙って見ました。
10-E1DX1439-LR.jpg


11-E1DX1440-LR.jpg


12-E1DX1441-LR.jpg


13-E1DX1474-LR-2.jpg


14-E1DX1519-LR.jpg


15-E1DX1564-LR.jpg

<END>

里山の鳥たち [野鳥]

里山の鳥たち・番外編・・・2016/01/14撮影

この日は最初はオジロビタキのポイントに。しかし1時間ほどでほぼ満足。
帰るには早過ぎるのでもう1ヶ所とこのポイントへ。

いつも30メートルほど先で落ち葉を突っついているヤマシギが今日は最短10メートル以内まで接近。
この距離はかなり珍しいそうだ。勿論私は初めて。
その後はヒクイナが2時半頃から出始めて1時間ほどで3ステージのサービス。
時々クイナも現れてこの日は満足の1日でした。

ところで夏鳥として飛来するヒクイナがこの時期いる(たぶん越冬)のはベテランバーダーに聞いても
かなり珍しいそうです。
今期はあちこちで見られているようですがこれも気候変動の影響でしょうか。
                           <坂の上の蜘蛛>


① ヤマシギ
01-E1DX0054-LR.jpg


02-E1DX0089-LR.jpg


03-E1DX0154-LR.jpg


④ これが最短距離でした。
04-E1DX0229-LR.jpg


⑤ ヒクイナ ここではたぶん数年ぶり。
21-E1DX0393-LR.jpg


23-E1DX0570-LR.jpg


24-E1DX0583-LR.jpg


25-E1DX0593-LR.jpg


⑨ クイナも登場。
31-E1DX0457-LR.jpg


32-E1DX0476-LR.jpg


34-E1DX0487-LR.jpg


35-E1DX0501-LR.jpg

<END>

ルリビタキと戯る [野鳥]

ルリビタキと戯る・多摩丘陵の森林にて・・・2016/1/15午後

スキーバスの大惨事で衝撃を受けている蜘蛛です。未来ある多数の大学生を含む10数人が尊い命を落としました。
無くならないバス事故に落胆しています。そして亡くなった方達のご冥福をお祈りします。(合掌)

広い遊歩道を歩き始めた途端に動くものが目に入った。
数メートル先の枯れ木の枝にルリビタキのオスが止まった。こいつは縁起が良いとすぐに乱写。
30分位でしょうかほぼ直径100メートル以内を行動範囲に移動する。
お陰で同じシーンはほとんどなく撮っていて楽しかった。
おまけにカメラマンは私だけ。一対一でルリ♂と対峙。。。ではなく私が退治というか制した感じ。
ちょっとだけ良い気分で帰ることができました。
                    <坂の上の蜘蛛>


① 歩き始めてすぐに現れた立派なオスの成鳥です。
01-E1DX0712-LR.jpg


② この個体尾羽を広げるポーズが多かった。
02-E1DX0718-LR.jpg


③ 飛び出し。ほぼ正面に向かってくるのでどうしてもタイミングが遅れ気味。
03-E1DX0740ps-LR-2.jpg


④ 松の枝止まりは珍しいかも。赤い鳥ならわかるけど。
04-E1DX0813-2-LR-2.jpg


⑤ 青空バックでもほぼ順光です。
05-E1DX0858-LR.jpg


⑥ かなり近くに寄ってきます。
06-E1DX0869-LR.jpg


⑦ これも近い。
07-E1DX0927-LR.jpg


⑧ 背景のボケはたぶん枯葉?
08-E1DX1023-LR.jpg


09-E1DX1029-LR-2.jpg


⑩ 今日も少し梅に絡みました。 逆光でポジションに苦労しました。
10-E1DX1083-LR.jpg


⑪ かなり回り込んで撮影。
11-E1DX1101-LR.jpg


⑫ 他を廻ってきた帰り路でも待っていました。なかなか律儀な子でした。
12-E1DX1235-LR.jpg

<END>

オジロビタキ [野鳥]

オジロビタキ・橫浜の公園にて・・・2016/1/14

今期はオジロビタキが豊作の様でここが3ヶ所目です。
しかも梅・オジロが撮れると言う触れ込み(笑)だったので私も行ってみました。
寒波襲来、最高気温11度の予報にも関わらず日中は快晴でとても暖かい1日でした。
加えてどこの梅林も日当たりの良い谷戸で風もない場所が多い。
ここもその例に漏れず春を感じさせるポイントだったが梅の開花はまだ少し先の様でした。
梅が満開になるまでいてくれたらもう一度チャレンジしたいと思います。
                         <坂の上の蜘蛛>


① 梅はまだまだ蕾。春まだ遠い感じです。
01-E1DX9532-LR.jpg


② しかもなかなか梅の木に来てくれません。その中でも全て梅の木絡みをアップしました。
02-E1DX9247-LR.jpg


③ 地面に降りて青虫を捕ってきます。
03-E1DX9267-LR.jpg


④ 時折り至近距離で撮れました。
04-E1DX9398-LR.jpg


⑤ 尾羽を跳ね上げたオジロビタキ特有のポーズ。
05-E1DX9424-LR.jpg


⑥ また餌を見つけたかダイブポーズ。
06-E1DX9473-LR.jpg


⑦ これも近すぎです。因みに下嘴の色から亜種ニシオジロビタキ♀の様です。
07-E1DX9668-LR.jpg


⑧ 今日の1枚はこれかな。
08-E1DX9864-LR.jpg

<END>


里山の鳥たち [野鳥]

里山の鳥たち part3『その他・・・2016/01/07撮影

かなり寒かったが予想外に良い天気の今日は用事で鳥撮りには行けず。
そこで在庫からのアップです。
割り込みで後回しになっていた「里山の鳥たち Part3」です。
「タシギ」「シロハラ」「アオゲラ」「モズ」「アオジ」の5種類です。
いずれもなかなか主役をとれない鳥ばかりですが常に貴重な鳥というわけにもいかないので・・・。 
                          <坂の上の蜘蛛>


① タシギはいつも背景がこんなところです。
01-E1DX7486-LR.jpg


② この日は水浴びやエンジェルポーズもなし。
02-E1DX7312-LR.jpg


③ シロハラの枝止まり。
03-E1DX7542-LR.jpg


④ そして飛び出し。なんとか画面の端に捕えました。
04-E1DX7349-LR.jpg


⑤ これは別シーンです。
05-E1DX7548-LR.jpg


⑥ アオゲラが何故か木の根本に張りついています。
06-E1DX7430-LR.jpg


⑦ 遠目に木を眺めているばかり。
07-E1DX7453-LR.jpg


⑧ やっと幹に取り付きましたがこの日はすぐに飛び降ります。
08-E1DX7500-LR.jpg


⑨ モズ♀
09-E1DX7758-LR.jpg


⑩ アオジが良い場所に。
10-E1DX8038-LR.jpg

<END>

羽田空港詣で [飛行機]

お正月は羽田空港詣で・・・2016年1月1日〜10日撮影

2016年ももう成人の日。それにしても今年は年始から記録的な気温が続いているとか。
お陰で鳥撮りにも何度か行ったし、あまり時間のない時は多摩川や空港周辺に出かけるという
パターンが多かった。
暖かいとはいえ撮影時は陽が陰ると手がかじかむほど冷え込むことも2、3度あったが。

そのため撮り溜めが増えてしまい、1日単位で更新していては溜まる一方なので羽田周辺記事を一括掲載とします。
話題のスターウォ−ズ機体も2機は撮れたがいつも撮影ポイント選択ミス。(狙って行くわけではないので)
お陰で遠目の写真ばかりです。
                         <坂の上の蜘蛛>


① 元日:午後第2ターミナルで「STAR WARS ANA JET」第2号機(BB-8)発見。
11-IMG_0576-LR.jpg

② 牽引車でバックしタキシングロードに出ます。
12-IMG_0578-LR.jpg

③ 上海航空機。特に好みというわけではないが中国の航空機が頻繁に飛来します。
13-E1DX9049-LR.jpg

④ 第2ターミナルの定番ショットです。
14-TACK6778-LR.jpg

⑤ 「STAR WARS ANA JET」B767-300(BB-8)タキシング開始。
15-TACK6789-LR.jpg

⑥ D滑走路に向かったのは確認してましたが少し目を離したらどうしてもBB-8の姿がありません。
  それもその筈、同一機体の左側デザインはR2-D2ドロイドのこれなんだそうです。(^_^;
16-TACK6803-LR.jpg

⑦ 2タミからD滑走路は距離があるので輪郭がメラメラで歪んでます。
17-TACK6811-LR.jpg

⑧ 1月2日:国際線江戸小路ではお正月イベントが行われていました。
  久しぶりにプログラムモードでストロボ発光したらssが1/60固定で被写体ブレです。 
21-IMG_0605-LR.jpg

⑨ エスカレータにはLED照明のツリーが覆い被さっていました。(昼は点灯していないようです)
22-IMG_0609-LR.jpg

⑩ 1月2日浮島町公園に移動:A滑走路にエアーフランスが進入してきます。
  ここはA、C、D滑走路の機体がそこそこの距離で撮れます。
24-TACK7084-LR.jpg

⑪ 中華航空機。桜マークが日本的。
25-TACK7118-LR.jpg

⑫ 大韓航空のジャンボ機。
26-TACK7133-LR.jpg

⑬ ルフトハンザ機がD滑走路に着陸、連絡通路を移動。欧州機はデザインが垢抜けて見えます。
27-TACK7151-LR.jpg

⑭ 1月10日浮島町公園:この日はルフトハンザ機はC滑走路に進入。
32-E1DX9067-LR.jpg

⑮ 中国国際航空。
33-E1DX9079-LR.jpg

⑯ 中国東方航空。 いつも2時間程度しかいないにもかかわらず中国機が必ず数機確認出来ます。
34-E1DX9082-LR.jpg

⑰ スターウォーズ塗装1号機「R2-D2 ANA JET」B787-9発見。
35-E1DX9086-LR.jpg

⑱ こんな場所にいるので当然D滑走路に向かうものと思いきや逆方向に・・・あれれ!!
36-E1DX9091-LR.jpg

⑲ 数分後最も遠いB滑走路から離陸。アチャー!!
  (C滑走路から離陸、大きく旋回したところだったようです)
37-E1DX9098-LR.jpg

<END>