So-net無料ブログ作成
検索選択

ハヤブサ(隼) [野鳥]

近距離・ど迫力編・・・2016/5/31

私の好きな季節皐月も今日で終わります。
これからは梅雨を経て寝苦しい夏とどちらかと言えば嫌いな季節に突入します。

今日はまたハヤブサの岸壁に行って来ました。
空中エサ渡しはうまく撮れませんでしたが水を飲みに地上に下りた天使ならぬハヤブサを撮ることができました。
その距離10メートル以内。たま〜にあるとは聞いていましたが本当にあるんですね。感激!!

その代償というか午後から風が強くなり、機材はたっぷり波飛沫の洗礼を受けてきました。(手入れしなくちゃ)

たくさん撮れましたが今日は比較的近距離のど迫力ショットを主体にまとめました。その他は追々・・・。
                                      <坂の上の蜘蛛>


① 空中エサ渡しですがあまりの素早い動作と障害物等でその瞬間は撮れず。獲物はこの日もハトでした。
01-E1DX7145-2-LR.jpg

② 雛に運ぶと思ったら自分で食べてしまいました。足も飲み込んでしまいました。
02-E1DX7445-2-LR.jpg

③ 突然数メートル先の水溜まりに飛び降りたハヤブサ。
03-E1DX7520-2-LR.jpg

④ 水を飲みに来たようです。ハヤブサも海水を飲むのでしょうか。
04-E1DX7592-2-LR.jpg

⑤ ここで数分遊んでくれました。
05-E1DX7882-2-LR.jpg

⑥ 精悍な容姿です。
06-E1DX7891-2-LR.jpg

⑦ 通行人が来てアチャー!! それまでと思いきや・・・
07-E1DX7904-2-Edit-LR.jpg

⑧ 一段上に上がったところで一旦止まりそれから飛び去りました。
08-E1DX7925-2-LR.jpg

⑨ 飛び出し。
09-TACK7363-LR.jpg

⑩ 飛び出し。
10-TACK7366-Edit-Edit-LR.jpg

⑪ 飛翔。
11-E1DX8166-2-Edit-Edit-LR.jpg

⑫ 飛翔。
12-E1DX8013-2-LR.jpg


*みなさん気になっていると思われる雛の成長記録を追加しました。
 一週前は真っ白でしたが黒いアクセントが付いてきました。羽ばたきの真似事もしていました。
⑬ ヒナの姿。一週間前より大分大きくなりました。
13-TACK6719-LR.jpg

⑭ 羽ばたきポーズも見せます。
14-TACK6878-LR.jpg

<END>

湘南の野鳥 [野鳥]

岩礁と川沿いの鳥・・・2016/05/24撮影在庫

湘南の磯には文字通り磯ヒヨドリが多く姿を見せてくれます。
しかも只今営巣・子育て真っ最中で巣穴に何度も餌を運びます。
もっと近寄りたかったのですがハヤブサ撮影の合間なので・・・。

帰りがけに久しぶりに立ち寄った境川沿いは定番のチョウゲンボウやキジを見ることができました。
本命の小さめの鳥は撮れずに引き揚げました。また近いうちに行ってみます。
                           <坂の上の蜘蛛>


① 雛の見えるところまで近寄りたかったがハヤブサも目が離せず。 好物のムカデのようです。
01-E1DX5410-2-LR.jpg

② 頻繁に餌を運びます。
02-E1DX6273-2-LR.jpg

③ ブルーの発色が良くないですね。
03-E1DX6287-2-LR.jpg

④ メスも交互に餌運びしてました。
04-E1DX6263-2-LR.jpg

⑤ なぜか一気に巣に飛び込まずここで一旦止まります。
05-E1DX6316-2-LR.jpg

⑥ 川沿いの田圃ではキジオスが一羽。
06-E1DX6358-2-LR.jpg

⑦ 突然けたたましい声で雄叫びをあげました。
07-E1DX6375-2-LR.jpg

⑧ 人工物が好きな長元坊。
08-E1DX6394-2-LR.jpg

<END>

東京近郊林道散策 [野鳥]

東京多摩地区の林道・・・2016/05/26

今日もお昼近くから出掛けるも行き先は未定。そんな遠くには行けそうもないので程ほどの距離に。
と言うことで都内の林道に向かいます。
時間が遅かったせいもありカメラマンはパラパラ程度。2ヶ所巡ったがどちらも同様。

結果まともな写真は撮れなかったものの「キバシリ」「サンショウクイ」が撮れたのは
望外の喜びでした。犬も歩けば・・・ですね。(^_^)

それにしても5月でこの暑さは夏の厳しさを否応なしに想像してしまいます。(憂鬱)
                           <坂の上の蜘蛛>


① 突然目の前にキバシリが。こんな所にいるのかとびっくり仰天。おかげで空抜け露出のままで撮影。
01-E1DX6973-2-LR.jpg

② レタッチで誤魔化しましたが空抜け撮影後のままかなり露出オーバーでした。^_^;
02-E1DX6975-2-LR.jpg

③ 10秒程度のチャンスだったので顔の向きがやや違う程度でほぼ同様のシーンです。
03-E1DX6978-2-LR.jpg

04-E1DX6980-2-LR.jpg

⑤ モノクロにしてみましたが何の違和感もないような。元々保護色だから(^^)
05-E1DX6984-2-LR.jpg

⑥ これまた驚きサンショウクイの登場。と思いきやキセキレイとのご指摘有り訂正します。
06-E1DX7030-2-LR.jpg

⑦ 道理で額に白色部がないと思いました。
08-E1DX7039-2-LR.jpg

⑧ キセキレイと言うことなので2枚削除しました(^_^)
10-E1DX7055-2-LR.jpg

<END>


湘南のハヤブサ [野鳥]

育児中のハヤブサ・・・2016/05/24

雛が孵って一週間ほど経ったのでそろそろ見頃かと様子見に行ってみました。
午前中は「オス親」→「メス親」→「雛」の給餌リレーが2回ほど見られたそうですが
私が到着後は見ることはできませんでした。

それでも雛はすくすく育っているようだし親子給餌は見られたしまーまーかな。
ところでハヤブサがゆったりと岸壁に向かいものすごいスピードで急降下、そこから獲物に向かう
そのスピードには驚かされました。いやはやとにかく速いのひと言でした。それでも狩りは失敗でした。
                                     <坂の上の蜘蛛>


① 雛がいる巣から飛び出す親鳥。
01-E1DX4943-2-LR.jpg

02-E1DX4945-2-LR.jpg

③ 至近距離を飛ぶハヤブサは早過ぎて私には結構難しいです。
03-E1DX5154-2-LR.jpg

④ 飛び出しと思いきや水浴び後の羽の乾燥行為でした。
04-E1DX5469-2-LR.jpg

⑤ 親子給餌。雛はまだ真っ白なぬいぐるみです。
05-E1DX5710-2-LR.jpg

⑥ 良い雰囲気かと思ったが少しくら過ぎかな。
06-E1DX5787-2-LR.jpg

⑦ 岸壁を飛翔。
07-1DX5791-2-LR.jpg

⑧ 雲の切れ間ができた合間の写真です。
09-E1DX5878-2-LR.jpg

⑨ 2時頃までは白い雲に覆われ強い逆光で色が出ませんでした。
10-E1DX5900-2-LR.jpg

⑩ 岩壁で見張っていたメスの飛び出し。
12-E1DX6204-2-LR.jpg

<END>



お山の野鳥 [野鳥]

クマタカの飛翔・・・2016/05/20

昨日のクマタカです。

クマタカが出たのが曇天逆光時。その後晴れ間が出てきたので好条件と期待しましたが
2時間ほど待っても姿を見せず。諦めました。

ブログ掲載するのも昨日は躊躇してしまいましたがネタが無いのでアップします。
それにしてもここ数日本当に爽やかな風薫る5月の陽気で一年でもっとも凌ぎやすい季節を実感しました。
                                    <坂の上の蜘蛛>


① クマタカが時々茂みから飛び上がりますが遠いです。 この個体は羽が随分傷んでいます。
00-E1DX4380-2-LR.jpg


② 緑バックですがやはり遠い。
00-E1DX4388-2-LR.jpg


③ これは別個体で羽が綺麗です。同じポイントなのでツガイですね。こちらが♂かな。
00-E1DX4435-2-LR.jpg


④ おまけのカケス。 沢沿いには青い小鳥もいましたがこの日は大物狙いだったので省きます。
00-E1DX4548-2-LR.jpg


⑤ カケスはどこでも見られますが綺麗な鳥です。
00-E1DX4554-2-LR.jpg

<END>

タグ:クマタカ

厚木航空基地 [飛行機]

久々の戦闘機・厚木航空基地・・・2016/05/19

いつも通り午後から比較的近場に鳥撮りに出発。しかし当てが外れてまったく目的の鳥の気配無し。
色々思案の結果その場から比較的近い厚木航空基地に向かう。
最初に行ったのは北側の墓地公園。かなりのカメラマンが待機していたので私もここでスタンバイ。
最初にスパホが見えたのが16:20 少し様子を見たがどうも遠いし面白いシーンは撮れそうな気がしない。
時間も遅いので素早く南側公園に移動を決断。

こちらは数人のカメラマンがいるものの飛んでいるのは自衛隊機のみ。
隣のCMに聞いてみても戦闘機はすでに全機戻っているはずなので夜間訓練があるかどうかわからないとのこと。
前日は5時台にテイクオフしたとのことなので取り敢えず日没まで待つことに。

日没が迫る17:40頃スパホがタキシングを開始、滑走路に向かうのを発見。結局3機編隊でまもなく
テイクオフ。その後も日没後の7時過ぎまで上がりましたがもう闇の中にライトが見えるだけで
写真は無理と諦め撤収しました。
強い北風の中昼間の薄着姿で数時間待機したので体がすっかり冷えてしまいました。
                               <坂の上の蜘蛛>


① 北側で撮れた最も近いのがこれ。
01-E1DX3222.jpg

② 基地南側に移動し、散々待って現れたのが16:20頃スパホが滑走路に向かいます。
02-E1DX3379.jpg

③ 真後ろからの撮影なのでジェット噴射の熱気でメラメラです。
03-E1DX3417.jpg

④ 一気にフルスロットルか突然2本の排気口がオレンジ色に変化します。
  (このアフターファイヤーを撮りたかった)
04-E1DX3430.jpg

⑤ これはやり過ぎでしょうか。機体の輪郭がわかりません。
05-E1DX3436.jpg

⑥ ここまで上がってもまだメラメラ。
06-E1DX3467.jpg

07-E1DX3512.jpg

08-E1DX3630.jpg

09-E1DX3638.jpg

⑩ もう周囲はすっかり暗くなっています。
10-E1DX3651.jpg

⑪ 既に闇状態の19:00。まだ訓練は続きます。 ISO設定は12800〜51200(やけくそ設定)
11-E1DX3963.jpg

⑫ まだ滑走路に向かいますが写真は限界と言うわけで戻りは諦めて撤収しました。
12-E1DX4095.jpg

*青空背景にくっきり機体ではありませんが私的には面白い写真が撮れたとやや満足。

<END>


サンコウチョウ 第二弾 [野鳥]

今日もサンコウチョウ(三光鳥)・・・2016/05/15

一昨日のリベンジというほど大袈裟ではないが今日も湘南の林道へ出陣。
少し出遅れたので午前の部はPASS。午後の部というか夕方の部に参戦することにし
お昼を食べてからのんびり出掛け2時過ぎの現地入りとなりました。
日曜日と言うのにカメラマンが少ないと思ったが、この時間なのでみなさん既に帰ったんですね。

CMが少ないのは時として嬉しくもあるが、探鳥力が不足するというマイナス面もある。
二十四の瞳は多過ぎるが十位の瞳が有った方が見逃しがなくなると思う。(^^)

そのせいとは言わないが今日も1チャンスしかなかった。
それでも3分程近くの枝を移動してくれたので数ポーズ撮ることができました。
決して満足とは言えないが、少なくとも前回よりは良い結果と言えそうです。
                           <坂の上の蜘蛛>


① 止まった枝はコブだらけで太すぎます。
01-E1DX3055.jpg

② 十字架か焼き鳥を連想させられました。不謹慎ですね。
02-E1DX3066.jpg

③ 暗いけど距離は近かった。しかも頭上。
03-E1DX3069.jpg

④ 横位置で丁度画面に収まる距離でした。(上下ノントリ、左右のみトリミング)
05-E1DX3104.jpg

⑤ 三光鳥の口の中は緑色です。
06-E1DX3120.jpg

⑥ 拡大してみました。
07-E1DX3124.jpg

08-E1DX3143.jpg

⑧背景すっきり・・・逆光空抜け気味です。 
08-E1DX3161


おまけ:かなり暗かったのでサンコウチョウ♀と思ったらオオルリでした。
OMAKE

<END>

サンコウチョウ [野鳥]


湘南のサンコウチョウ(三光鳥)・・・2016/05/13

今年初陣の三光鳥狩り。い〜え「鳥」、いえいえ「撮り」でした。
今日はなかなか出が悪く片道ほぼ2kmの林道を歩き数ヶ所で確認出来たもののなかなか撮らせてもらえず。
やっと撮れたのはほんの15秒位ワンチャンスのみ。
美しい全姿は撮れませんでしたが今期初撮りということでアップします(^_^;



この周辺に三光鳥が飛来したのはかなり前の様だがまだ巣作り前のようで落ちついていない気がした。
もう少し落ちついてからの方が安定して撮り易くなると思います。
                           <坂の上の蜘蛛>


                         ① 今期初撮りのサンコウチョウ。被りはご愛敬で・・・失礼。
01-E1DX2991-2-LR2.jpg

② 落ち着きなく動きます。
02-E1DX2996.jpg

③ 今日は遠吠え?は聞こえるも見える位置では全んど鳴きませんでした。
03-E1DX3000.jpg

④ どのショットも見事に被っています。
04-E1DX3005.jpg

⑤ 比較的被りが少ないけど顔の向きがイマイチ。
05-E1DX3025.jpg

⑥ 以上が約15秒間のシーンでした。(因みに61ショット)
06-E1DX3037.jpg

<END>

信州シリーズ (3) [野鳥]

森の小動物達信州シリーズ 3・・・2016/05/8〜9

信州の森で見つけたちょっと珍しい”生きもの”をアップします。

・沢沿いに現れた「野ウサギ」
・巣立ち前の「フクロウ」
・鳥の巣箱で営巣する「ムササビ」
・高原に咲く「桜草」
 の4種で〜す。            <坂の上の蜘蛛>


① 沢沿いで見つけた野ウサギ?
01-E1DX0959 2-2-LR.jpg

② 可愛いです。
02-E1DX0970 2-2-LR.jpg

③ ペットになりそうです。
03-E1DX0992 2-2-LR.jpg

④ 巣立ち直前のフクロウ。
04-E1DX1479-2-LR.jpg

⑤ なぜか一羽だけでした。翌日はもう巣立ったようでした。
05-E1DX1601-2-LR2.jpg

⑥ 親フクロウが飛んできて木の陰からのぞき見してました。給餌かと思ったが・・・
06-E1DX1528-2-LR.jpg

⑦ 途中の枝に止まります。餌は見当たりません。巣立ちを促しに来たのかも。
07-E1DX1543-2-LR.jpg

⑧ こちらは摩訶不思議。どう見ても鳥ではなさそう・・・なんじゃこりゃ!!
  ムササビが大きめの巣箱に入っていました。目はぱっちりですが身動きしません。ネズミ目リス科
09-E1DX2730-2-LR.jpg

⑨ 近づいても反応は無し。面白い習性ですね、ここで営巣しているようです。
10-E1DX2738-2-LR.jpg

⑩ ここにしか咲かない花『桜草』 原種は皇居とここにしかないとか誰かが言ってましたが???
11-E1DX2960-2-LR.jpg

<END>

タグ:小動物

オオルリ(信州シリーズ 2) [野鳥]

信州シリーズ 2・オオルリ(大瑠璃)・・・2016/05/08〜09

定番の探鳥コースではあまり見られなかったオオルリですが、夕方渓谷沿いで遊んでいる個体2羽発見。
背景が抜けているのとほぼ目線で撮れると言う最高の条件で私なりにそこそこ良いショットが撮れました。

背景が淡い新緑ですっきりしていたので少し退いて狙って見ました。
                         <坂の上の蜘蛛>


① 渓谷沿いの枝の移動を繰り返し、枝に止まりる度に囀るというサービスぶり。
01-E1DX2077-2-LR.jpg

② 右を向いても左を向いても良く囀っていました。♪♯♭
02-E1DX2216-2-LR.jpg

③ 嘴をこすりつけ汚れを落としています。
03-E1DX2121-2-LR.jpg

④ ここでも囀ります♪♯♭
04-E1DX2393-2-LR.jpg

⑤ 信州の春〜!!
05-1E1DX2473-2-LR.jpg

⑥ 新緑を愛でるオオルリ。
06-E1DX2509-2-LR.jpg

⑦ 大瑠璃は高いところが好きですね。
  いずれも天辺で囀りますが渓に生えている木なので撮影位置からほぼ目線で最高の条件でした。
07-E1DX2596-2-LR.jpg

08-E1DX2626-2-LR.jpg

⑨ 沢沿いの木の根っこに営巣(準備かも)していたオオルリ♀が徐々に移動して枝止まり。
09-E1DX2870-2-LR.jpg

⑩ メスを追っていたら間もなくオスも様子見に来たようです。 
10-E1DX2889-2-LR.jpg

⑪ 宝石を散りばめた様な新芽の模様。
11-E1DX2891-2-LR.jpg

⑫ 瑠璃草とのことです。教えてくれた方はここでしか見られないと言っていましたが図鑑やWEBで確認すると
  山では良く見られるようです。
12-E1DX2970-2-LR.jpg

<END>