So-net無料ブログ作成
検索選択

都内公園で [ネイチャー]

急遽昆虫撮影・・・2016/06/29

「ネイチャー」と言ってもSTAP細胞論文で話題になった科学雑誌ではありません。
東京港野鳥公園(東京大田区)で撮った昆虫類です。カニは甲殻類ですが。

初めから昆虫撮影に行ったわけではなく、鳥を撮りに行った結果がこうなったというわけで・・・。
駐車場に車が一台しか駐まっていないのでこれは駄目だと察して入園したが、嬉しい誤算はなく
予想通りでした。
バンの親子、カイツブリの営巣、コチドリ、コアジサシなどはいましたが観察レベル。

予想外と言えばチョウトンボがあの公園にいたことで、これまで気付きませんでした。
以前チョウトンボは二つ池や三ツ池公園のガマ群生地に良く撮りに行きました。
                            <坂の上の蜘蛛>


① 久しぶりのチョウトンボ。日射しが弱くメタリック発色がイマイチでした。
01-TACK9700-2-Edit-LR.jpg


② ここのチョウトンボは人懐っこく近くに寄ってくるがなかなか葉に止まりません。
02-TACK9788-2-Edit-LR.jpg


03-TACK9902-2-Edit-LR.jpg


04-TACK0025-2-LR.jpg


05-TACK0015-2-Edit-LR.jpg


⑥ 蜘蛛を発見。お腹側は逆光です。
06-TACK9937-2-LR.jpg


⑦ 背面は順光。蜘蛛の巣がはっきり写ります。坂の上ではなく原っぱの蜘蛛でした。
07-TACK9985-2-Edit-LR.jpg


⑧ 何故か藪の中に蟹(甲殻類)を発見。
08-TACK9461-2-LR.jpg

<END>




城南島 [散策]

午後の城南島・・・2016.06.13

所用や雨天が続き5日間写真撮影に行っていない。ということで当然それ以前の写真になります。
この日は午後から暇になったのでバイクの洗車。それが終えて夕方ぶらり城南島に行ってみた。
平日の城南島は比較的人が少ない。この日も例に漏れず。

犬の散歩やカメラを手にした散歩人などがまばらに点在する程度。
そしていつも感じるのはカップルが多い事。それも若いカップルが何組も訪れているのがちょっと不思議。
業種によって休日も違うでしょうが。ま、いっか。(^^)
                          <坂の上の蜘蛛>


① C滑走路から離陸した機体が城南島付近で大きく右旋回し、雲の中を通過するシーンが良い感じ。
01-TACK4637-2-Edit-LR.jpg

② 雲間に見え隠れする。
02-TACK4638-2-LR.jpg

③ これで乗客から地上が見えるのかな?
03-TACK4781-2-Edit-LR.jpg

④ カナダ航空機。
04-TACK4874-2-LR.jpg

⑤ 高度が上がれば雲海を見下ろす様になるでしょう。トロントまで行ってらっしゃ〜い!
05-TACK4878-2-LR.jpg

⑥ ツバメが電線(?)に止まっていました。私が近づいたら他は飛び去りました。
06-TACK4438-2-LR.jpg

07-TACK4456-2-LR.jpg

⑧ 寛いでいます。
08-TACK4581-2-LR.jpg

⑨ 犬がボール遊びしていました。
09-TACK4664-2-LR.jpg

10-TACK4666-2-Edit-LR.jpg

⑪ 鳥より楽かと思ったが上下移動があるので案外難しい。
11-TACK4667-2-LR.jpg

⑫ フレンドリーなスズメが寄って来ます。
12-TACK4964-2-Edit-LR.jpg

<END>


タグ:城南島

チョウゲンボウ-II [野鳥]

チョウゲンボウ・枝絡み編・・・2016/06/14撮影

今日も新ネタがないのでチョウゲンボウの枝絡み編を掲載します。
少し日が経ってしまうと枝止まりは感動がなくなりますね。(/_;)
                     <坂の上の蜘蛛>


① このエリアだけでヒナが12羽孵ったとか。結構賑やかでした。もう巣離れしたと思いますが。
01-TACK1494-2-Edit-LR.jpg

② オォー!「エンジェルポーズ」だ。
02-TACK1562-2-Edit-LR.jpg

③ チョウゲンボウの扇状の模様は実に美しい。
03-TACK1717-2-Edit-LR.jpg

04-TACK2074-2-Edit-LR.jpg

⑤ 愛くるしい顔と目。
05-TACK2139-2-Edit-LR.jpg

⑥ 3羽固まっていました。
06-TACK2354-2-Edit-LR.jpg

⑦ 竹の幹に。
07-TACK2577-2-LR.jpg

08-TACK2620-2-LR.jpg

⑨ 飛び出すかと思いきや向きを変えただけ。
09-TACK2638-2-Edit-LR.jpg

10-TACK2640-2-Edit-LR.jpg

<END>

上総の国の野鳥 [野鳥]

続・セイタカシギ・・・2016/06/10撮影(在庫から) 

私は時々上総の国に遠征します。
一見遠く感じますがアクアラインを使えば木更津まで25km程度と県内なら戸塚駅とほぼ同距離です。
しかも渋滞はないので短時間で行くことができます。

奥多摩より湯河原が短時間的で行けるとか言って辞職に追い込まれた知事がいました(-.-#)。
私が神奈川県知事だったら問題発言になりそうですね(笑い。

というわけで2週間前のセイタカシギ続編をアップします。
                           <坂の上の蜘蛛>


① セイタカシギの飛翔は美しいです。多摩川河川で時々見かける群れ飛ぶ姿が大好きです。
01-E1DX0831-2-Edit-Edit-LR.jpg

② 地上の姿も勿論美しい。
02-TACK8013-2-Edit-LR.jpg

③ これがセイタカシギの雛とは想像もつきませんね・・・。
03-E1DX0886-2-Edit-2-LR.jpg

④ かなり近くで遊んでいました。といっても20メートルかな。
04-E1DX1048-2-Edit-LR.jpg

⑤ 只今抱卵中。余り近くに来ないでね・・・と思っているのかいないのか。農道から10メートル弱。
  田植えの済んだ田圃で営巣しています。(もう巣だっている頃でしょう)
06-TACK8098-2-LR.jpg

⑥ 因みにセイタカシギは全て車中からの撮影です。人間の気配に敏感に反応するからです。
07-TACK8134-2-LR.jpg


Appendix  その他周辺で撮れた鳥たち。
 路肩で遊ぶ鳥、クイナ系に見えますがこんな色のクイナは知りません。幼鳥でしょうか。
 バンの幼鳥の様です。(コメントいただいたExCandle さん有り難うございました。)
08-TACK8252-2-LR.jpg

Appendix
 近づいたら水中に逃れました。
09-TACK8340-2-Edit-LR.jpg

Appendix
 大声でさえずるオオヨシキリ。これまた敏感で近寄れず。
10-E1DX0743-2-LR.jpg

<END>


ヤマセミ [野鳥]

雨にヤマセミ・・・2016/06/22

雨天はヤマセミ撮影に限る・・・が私の持論(思い込み)です。(^^)
勿論土砂降りでは撮影になりませんが霧雨程度なら敢えて出かける事が多いです。

ブラインド撮影なら晴天が好ましいでしょうがお手軽撮影なら雨天の方が警戒心が薄れるという
効果が期待できるからです。

とはいえ雨天といえども人間の気配を感じるとすぐに飛んでしまい距離を詰めることは至難の業。
今日も30メートル以内には寄ることができませんでした。

それでも3時間で4,5回出てくれて何とか撮れただけラッキー!!だったかな。\(^O^)/
                             <坂の上の蜘蛛>


いるいる・・・ヤマセミの登場。距離はかなりあります。
01-E1DX2935-2-LR.jpg

少し距離が詰まった。
02-E1DX3374-2-Edit-LR.jpg

飛び出し。物陰から撮ったら茂みが前ボケに。
03-E1DX3235-2-LR.jpg

雨天の欠点は距離があるとフォーカスが甘くなること。これは前ボケですが。
04-ZwLr7-2-Edit-LR.jpg

あまり格好良くない飛翔です。
05-E1DX3362-2-Edit-Edit-LR1.jpg

これも結構距離がありました。
06-E1DX3377-2-LR.jpg

<END>


タグ:ヤマセミ

サンコウチョウ [野鳥]

今日もサンコウチョウ・・・2016/06/20

鳥枯れの時期が近づいてくると、撮るものも徐々に限られてくる。
と言うわけで最近はサンコウチョウが多くなってきた。

実は昨日も行って来たが曇天で2時を廻った頃から親鳥は良く飛び交うが暗くて写真にならず。
3時頃から雨が降って来たしバイク遠征だったので撃沈のまま急いで撤収した。
又、翌日の今日は雨の予報だったので当分リベンジならずと思っていたが予報はあくまでも予報。
特に雨期のこの時期は複雑な気象条件で予報が難しいんでしょうね。

それはさておき、今日は嬉しい方に予報が外れ絶好の好天に恵まれました。
早速昨日のリベンジに向かいました。気合いを入れて向かうというのに現地到着は1時半頃(汗。
それでもラッキーだったのは、私がポイントに到着したら先着のCM3人位で「いるいる」とカメラを
向け始めたところでした。レンズの向いた先には比較的近くにサンコウチョウのオスが枝止まりしており、
最後の枝では5分以上止まってくれたのでじっくり撮ることができました。
その後もちょこちょこ出てくれたので今日は久しぶりに大満足でした。
とは言え、サンコウチョウなのでそれ程綺麗な写真は撮れませんが(泣き。
                           <坂の上の蜘蛛>


① 私の今期のサンコウチョウではトップレベルの出来だと思っています。
01-E1DX2069-2-Edit-LR.jpg

02-E1DX2096-2-Edit-LR.jpg

③ メスが蝶を追いかけて捕ってきました。
03-E1DX2296-2-Edit-LR.jpg

④ オスメス交代シーン。背景が煩雑ですがオス、メス、ヒナの家族写真。
04-E1DX2338-2-Edit-LR.jpg

⑤ 家族写真-2 これをすっきり撮るのは無理ですね。
05-E1DX2339-2-Edit-LR.jpg

⑥ 割とすっきり写真。
06-E1DX2498-2-Edit-LR.jpg

07-E1DX2538-2-Edit-LR.jpg

⑧ もう少し右に移動して空抜けを避けるべきですね。
09-E1DX2674-2-LR.jpg

10-E1DX2865-2-Edit-LR.jpg

<END>

絹の里の野鳥 [野鳥]

絹の里の野鳥達も営巣中・・・2016/06/17撮影

かつて絹織物で栄えた町八王子の山間部で出会ったサンコウチョウとキビタキです。
サンコウチョウはヒナが孵ったと聞きましたがまだ間もないのか姿は見えませんでした。
卵も残って入るのか抱卵シーンも観られましたけど。
今日も真っ暗なポイントを針穴から覗く撮影条件は変わらず。
この条件であればサンコウチョウは安心感があるんでしょうね。

それにしても親鳥が飛ぶ姿がまったく撮れず。それもその筈、茂みの中を通って真っ暗な巣に直行。
これではほぼお手上げです。
サンコウチョウは悪条件下が多いのですが想像以上に難易度の高いポイントでした。

そんな中で暇つぶしに林道を散策しているとキビタキの餌運び(営巣)を発見。巣が近くにあるらしく
オス・メス交互に何度も何度も餌運びをするので枝止まりをたくさん撮ることができました。
想定外の獲物に気を良くして帰路につきました。サプライズはいつでも嬉しいものです。
                               <坂の上の蜘蛛>


① なにやら餌を咥えて枝止まり。ここから巣に向かうのでしょう。
01-E1DX9517.jpg

② 餌運びのコースは毎回ほぼ同じです。餌を咥えながらよく囀っていました。
02-E1DX9555.jpg

③ このポイントは背景が抜けて居たので撮りやすかった。
03-E1DX9835.jpg

④ 巣に向かう飛翔。今日のベストショットかな。
04-E1DX9980ps.jpg

05-E1DX0020.jpg

⑥ メスの方が働き者で回数が多かった。
06-E1DX9671.jpg

⑦ 
07-E1DX9786.jpg

⑧ 正面に飛ばれるとピンと合わせは私には無理。方向がわかっていれば置きピンもで来ますが。
08-E1DX9787.jpg

09-E1DX9886.jpg

⑩ 親鳥の可愛い仕草。
10-E1DX0075.jpg

⑪ こんな可愛いシーンがたくさん撮れました。
11-E1DX0087.jpg

以下サンコウチョウです。
⑫ メスが抱卵中。 ヒナは孵ったと聞いたが。
12-E1DX0172.jpg

⑬ オスも餌を咥えてやって来ます。 因みにこのポイントは肉眼では様子がわからないほど暗い。
13-E1DX0209.jpg

⑭ このポーズは給餌に見えます。やはり孵ったのかな。
14-E1DX0226.jpg

⑮ とにかくこんなに明るく撮れるデジカメって凄いと思います。15-E1DX0437.jpg

<END>

フクロウ巣立ち-II [野鳥]

フクロウの巣立ち・・・2016/06/11撮影
-------------------------------------------------------------------------------
6月8日公開のフクロウ記事を非公開にしておりましたが再公開しました。
コメント等を頂いた方にはリプライさせて頂きましたのでご参照願います。
-------------------------------------------------------------------------------

=野鳥撮影の現状=
フクロウは巣穴に適した洞のある大木が年々減少していることや生態観察用に保護団体や研究機関で巣箱を設置して
いるところが多々あります。これらは観察目的なので見やすいところに設置します。
公園の場合はCMに対する配慮もありある程度近くて見やすい場所に設置するのでCMにとってはよだれもの。
従って有名ポイントは繁殖期になるとどこからともなくCMが現れ50人〜100人位毎日訪れます。
私もその一人ですが(汗)

このような集中を避けるためブログなどの情報公開を自粛するように協力要請している場合があります。
営巣早期から大勢のカメラマンが押しかけると営巣放棄等影響を与える恐れがあるためです。
(オオタカなどは顕著のようです) せめてヒナが全て巣立つまではという自粛要請です。
しかし毎日50〜100人という実態を見るとブログの公開自粛はあまり効果がなさそうです。

しかしこんな状態でも毎年営巣するということはフクロウ自身あまり人間を気にしていないのかも知れません。
野鳥に依っては敢えて人間の通り道の近くに営巣するケースが珍しくありません。
その方が外敵に対して安全という考えからと言われています。(オオルリ、アオゲラ、ツバメ・・・etc.)
が、巣をあらす人間がいるのは鳥にとっても想定外でしょうが。

いづれにしても野鳥にとって住みよい環境ということを野鳥ファンも少し考えなければなりませんね。
CMが増えたことも野鳥に悪影響を与えている一因かも知れませんが、やはり森林伐採などの自然破壊が
最大要因ではなかろうかと思っています。
                                  <坂の上の蜘蛛>


① おぉぉかわいい〜〜!
01-E1DX8072.jpg

② 縫いぐるみです。
02-E1DX8108.jpg

03-E1DX8433.jpg

04-E1DX8473.jpg

⑤ 1番仔はもうかなり飛ぶことができます。
05-E1DX8682.jpg

⑥ 枝移りはもうお手のもの。
06-E1DX8683.jpg

07-E1DX8690.jpg

⑧ 愛嬌があります。
08-E1DX8828.jpg

⑨ 実に可愛い!!
09-E1DX8891.jpg

⑩ 枝を上下したり。
10-E1DX8906.jpg

11-E1DX8934.jpg

⑫ この日は2羽いましたが2番仔の方はカラスにいじめられたとか元気がありませんでした。
12-E1DX9057.jpg

<END>


タグ:フクロウ

チョウゲンボウの雛たち [野鳥]

チョウゲンボウのヒナ乱舞・・・2016/6/14

前回のオオタカは針穴のような隙間から覗き見るような撮影で苦労したので
今日はスカッと抜けた開放感のあるコンディションでチョウゲンボウを撮って来ました。
昨日あたりやっと全ての雛たちが飛べるようになったようで谷戸の中を乱舞しており、
3時間ほどで約3500ショット(汗。
とても一度にアップできないので何回かに分けてアップする予定です。

そう言っておきながら撮りだめが豊富になるとそのままお蔵入りする場合がままあります。
現在も結構在庫が貯まっています。(^_^;

第一回目の今日は『地上編』としました。
                       <坂の上の蜘蛛>


① 100-400mmズームにAPS-C 手持ち撮影で全てほぼノントリです。
02-TACK1091-2-LR.jpg

② ヒナと言ってもほぼ成鳥に近いです。 親鳥はこんな近くに来ませんね。
03-TACK1132-2-LR.jpg

③ 親鳥は今日は遠くの木には止まりましたがほとんど姿を見せませんでした。
04-TACK1136-2-LR.jpg

④ 親鳥が餌をくれないので自分で探している様ですが流石にトカゲなどはまだ無理ですね。
06-TACK1211-2-LR.jpg

07-TACK1265-2-LR.jpg

08-TACK1360-2-LR.jpg

09-TACK1363-2-LR.jpg

10-TACK3220-2-LR.jpg

⑨ 里芋の葉を日傘に。
11-TACK3311-2-Edit-LR.jpg

⑩ 透明ビニールシートに関心があるようです。
13-TACK3366-2-LR.jpg

14-TACK3371-2-LR.jpg

⑫ 今日の最短距離かな。
15-TACK3397-2-Edit-LR.jpg


<END>

オオタカの営巣 [野鳥]

オオタカ営巣・・・2016/06/12

とある公園で隣合わせた方と話がはずみオオタカのとっておきのポイントを教えて貰うことになりました。
全般にビックマウスの印象があったので少し懐疑的な面もありましたがあまりに魅力的な情報なので
つい信用して行って参りました。

距離は近いし見下ろしで撮れて被りはない。オオタカ撮りの好きな方がここほど撮りやすい所はどこにも
ないというお墨付きのポイントとのことでした。(これじゃ誰でも行きたくなりますよね)

然してその実態は・・・写真で判断願います^_^;
もちろん撮影技術の問題は有るでしょうが、距離40メートル被りだらけでオオタカの親子ショットなど
もってのほか。一羽すら被りナシでは撮れない。
散歩人にあそこですと教えていただいても暫く認識できなかった位の難所でした。

加えてポイントの説明にも大きな食い違いがあり、3km位の範囲のそれらしい場所をしらみ潰しに探索。
一時間ほどして説明の中で出てきた目印らしき建物を発見。
しかしその周辺を探してみてもCMは一人も居ない。それだけは説明通り。半ば諦めかけていたがオオタカの
雛らしき声が聞こえました。やはりここだなと更に丹念に探すが見当たらず。
そこに救世主現れる。犬を連れた散歩人がカメラを持ってウロウロしている私に
「タカならあそこに巣が有るみたいですよ」と教えてくれたので何とか遭遇することができたんだとさ。

情報をくれた方に恨み辛みを言っているわけではなく話題として書いてみただけなのでもしこの記事を見ても
気を悪くしないで下さいね(^^)。
自分の確認不足が1番の問題ですから。特に美味しい話しは・・・。
あらためて情報有り難うございました。(m_m)(._.)オジギ   
                            <坂の上の蜘蛛>


① 雛も羽ばたき練習をしています。
01-TACK0087-2-Edit-LR.jpg

② まもなく親が餌を持ってきました。給餌と言うより3羽の雛は勝手に食べていました。
02-TACK0290-2-Edit-LR.jpg

③ どうやっても全体像は撮れません。
03-TACK0610-2-Edit-LR.jpg

④ これが1番子かな。少し飛べるようでした。
04-TACK0690-2-Edit-LR.jpg

⑤ 距離40メートル以上は厳しいです。
05-TACK0701-2-Edit-LR.jpg

⑥ 親はこれが1番まともに見えたシーンです。ほぼ3時間の間に3回ほど現れました。
06-TACK0852-2-Edit-LR.jpg

⑦ こんなおどけたポーズも。
07-TACK0905-2-Edit-LR.jpg

⑧ おとぼけポーズ-2
08-TACK0906-2-Edit-LR.jpg

⑨ 子供とは言え鋭い眼光です。
09-TACK9971-2-Edit-LR.jpg

⑩ 以上お粗末様でした。
10-TACK9987-2-Edit-LR.jpg

<END>

タグ:オオタカ