So-net無料ブログ作成

川崎ハロウィン 2016 [散策]

KAWASAKI Halloween 2016・・・2016/10/30撮影

今日は川崎ハロウィンパレードを見に行ってきた。
年々スケールが大きくなりすっかり定着してきた川崎ハロウィンパレードです。
因みに今年は20周年になります。

曇天で露出は厳しい条件だし、使い慣れないカメラでやや手こずり気味。
人垣で見えないのでバリアングル液晶モニター撮影のためどうしても素早い動きにフォーカスが
着いて行けず怪しい写真が多くなりましたが雰囲気はなんとか伝わるかと。
                    <坂の上の蜘蛛>


① 3000人近くの参加者を5グループに分けてのパレードでした。
01-IMG_8053-2-LR1.jpg

02-IMG_7998-2-LR1.jpg

03-IMG_8020-2-LR1.jpg

04-IMG_8055-2-LR1.jpg

05-IMG_8062-2-LR1.jpg

06-IMG_8064-2-LR1.jpg

07-IMG_8065-2-LR1.jpg

08-IMG_8101-2-LR1.jpg

⑨ "Aya Bambi"とか、なんとなく格好良かった!!
09-IMG_8122-2-LR1.jpg

⑩ 沿道の観客は未発表ですが昨年の11万人を遙かに越えそうです。
10-IMG_8133-2-LR1.jpg

⑪ 銀柳街で目についたお兄さん。
11-IMG_8137-2-LR1.jpg

⑫ 通称「カワハロ」の聖地とも言えるラチッタデッラ入り口。
12-IMG_8140-2-LR1.jpg

⑬ ワンちゃんも仮装してました。
13-IMG_8151-2-Edit-LR1.jpg

⑭ 最後は”音楽の街”らしくバイオリン演奏を聴いて退散しました。演奏よりも見とれていました(^^)
14-IMG_8159-2-LR1.jpg

<END>

ムギマキ-II [野鳥]

ムギマキ-II・ツルマサキ絡み・・・2016/10/24-25撮影

ムギマキ第2弾はツルマサキに絡んだシーンをセレクトしました。
ムギマキは実がついたツルマサキのある木にやって来ては数粒啄んだらまた林の中に飛び去ります。
この日はそれを30分〜1時間間隔で繰り返してくれました。
3、4羽位の群れで来るので結構撮ることができました。
                       <坂の上の蜘蛛>

 *ツルマサキ:ツルが樹木に巻き付いて上部へよじ登る「ニシシギ科」の植物です。

① 常緑つる性のツルマサキの葉は秋なのに青々としています。
01-TACK0325-2-Edit-LR1.jpg

② 正真正銘のオス成鳥。
02-TACK2388-2-LR1-2.jpg

03-TACK1229-2-Edit-Edit-LR1-2.jpg

04-TACK2001-2-LR1-2.jpg

05-TACK2674-2-LR1-2.jpg

06-TACK3011-2-LR1-2.jpg

07-TACK3380-2-LR1-2.jpg

08-TACK3670-2-LR1-3.jpg

09-TACK3688-2-LR1-2.jpg

⑩ これはメス成鳥でしょう。
10-TACK4290-2-LR1-2.jpg

⑪ 赤い実が残り少なくなりました。食べ尽くしたら他に移動します。
11-TACK4305-2-LR1.jpg

12-TACK4321-2-LR1.jpg

⑬ 以下羽ばたきもの。
13-TACK4266-2-Edit-LR1-2.jpg

14-TACK1239-2-Edit-Edit-LR1-2.jpg

15-TACK2055-2-Edit-Edit-LR1-2.jpg

16-TACK3744-2-LR1-淡.jpg

<END>

森の小鳥たち [野鳥]

信州の森の小鳥たち・・・2016/10/24-25撮影

信州の森でムギマキを探索及び撮影中に周辺で確認出来た小鳥たちをアップします。
平地であまり見られないのは「ゴジュウカラ」と「コガラ」位ですね。
アカゲラも遠くに出ていましたが私はまともに撮れず。
                        <坂の上の蜘蛛>


① 真っ赤な紅葉をバックにゴジュウカラ。
01-E1DX6254-2-Edit-LR1.jpg

② ムギマキポイントにもやって来ました。
02-E1DX6267-2-Edit-LR1.jpg

③ 動きが烈しくピンと合わせが大変。
03-TACK3179-2-Edit-Edit-LR1.jpg

④ アカハラが一瞬枝に止まるが間もなく飛び去った。
04-E1DX6279-2-LR1.jpg

⑤ キビタキメス。 後ろ姿はムギマキとそっくり。
05-E1DX6307-2-LR1.jpg

⑥ ここでは影が薄いキビタキメス。 お腹はムギマキと違って味気ないです。
06-E1DX6316-2-LR1.jpg

⑦ コゲラが時々やって来てツルマサキの実を食べます。
07-E1DX6363-2-Edit-LR1.jpg

⑧ これまた採餌中は忙しなく動きます。
08-E1DX6571-2-Edit-LR1.jpg

⑨ 頭上の枯れ木にカケスがやって来た。
09-TACK0057-2-LR1.jpg

10-TACK0062-2-Edit-LR1.jpg

⑪ ここに木の実を蓄えていたのか実を咥えています。
11-TACK0064-2-LR1.jpg

⑫ コガラも時々やって来てはツルマサキの実を・・・これではあっという間に実を食べ尽くしますね。
12-TACK2873-2-Edit-Edit-LR1.jpg

⑬ みんなこの実が好みのようです。
13-TACK2879-2-Edit-Edit-LR1.jpg

14-TACK2892-2-LR1.jpg

⑮ 帰り際に立ち寄ったポイントでジョウビタキ。
15-TACK3967-2-Edit-Edit-LR1.jpg

⑯ 何の実でしょうか残り2ヶ。その後全て食べてしまいました。
16-TACK3973-2-LR1.jpg

<END>

ムギマキ [野鳥]

ムギマキ・信州の森・・・2016/10/24-25撮影

昨年は1日違いで全く遭遇出来なかったムギマキに再挑戦してきました。
今年こそはどうしても撮りたいという思いからアンテナを張り巡らせていましたが
なかなか情報がなく今年は来ないかもと半ば諦めかけていましたが数日前に情報をキャッチ。
即刻出掛けたかったのですが暇人とは言え私にも人並みに所用もあり、2日間待っての出陣と相成りました。
それが命取りにならないことを念じつつ・・・。

結果、初日は程ほどに出てくれましたが2日目は様子が激変し、出が悪く本当に1日の差が運命の
分かれ目になること実感。危うく今年も昨年の二の舞になりそうでした。(汗

少し多く撮りすぎてしまったので数回に分けてアップすることになりますが、内容については
特にシリーズ化はしておらず脈略はありません。(基本撮影順です)
                             <坂の上の蜘蛛>

 *秋まき型の麦蒔きシーズンに多く見られることが名前の由来とされています。

① ツルマサキの実が大好物で、そこに取り付くムギマキの撮影が人気の的です。 参考:メス
01-TACK2004-2-Edit-Edit-LR1.jpg

② オス・メス共喉から胸のオレンジ色がなければキビタキです。(^^)  参考:オス
02-TACK0309-2-Edit-Edit-LR1.jpg

③ オス・メス入り混じりそこそこ出ていました。 参考:オス
  オスの幼鳥はメスと同様の色なので、目の上後方の眉斑が重要です。
03-TACK0739-2-Edit-Edit-LR1.jpg

④ オスはキビタキに似ていますが少しシックな感じがします。 参考:オス
04-TACK1066-2-LR1.jpg

⑤ 参考:メス 
05-TACK1230-2-Edit-Edit-LR1.jpg

⑥ メスは頭部から尾まで茶褐色(オリーブ褐色)、喉から胸の上部は淡橙色。 参考:オス
06-TACK1336-2-LR1.jpg

⑦ 参考:オス(目の上後方の眉斑ヶ明確) 若鳥はわかりにくいので参考程度に捉えて下さい。
07-TACK1363-2-LR1.jpg

⑧ 喉が見えないと背中はまるでキビメスです。 参考:オス
08-TACK1574-2-LR1.jpg

⑨ 背面の色はメスに見えますが、目の後方に眉斑が確認出来るのでオス。
09-TACK2915-2-Edit-Edit-LR1.jpg

⑩ これはオス成鳥です。
10-TACK1612-2-Edit-Edit-LR1.jpg

⑪ 参考:オス 茶色のオスは若だと思います。
11-TACK1708-2-Edit-LR1.jpg

⑫ オスの成鳥・・・眉斑、翼と尾羽に白斑があります。喉から胸の橙色が腹部までメスより広範囲です。
12-TACK1866-2-Edit-LR1.jpg

⑬ 眉斑が細長いのでメスかな。
13-TACK1994-2-Edit-Edit-LR1.jpg

⑭ 正真正銘の成鳥オス:頭部から尾羽まで黒色で小さめの眉斑と翼、尾羽にも白斑があります。喉から胸は橙色。
14-TACK2133-2-Edit-Edit-LR1.jpg

⑮ ツルマサキの実に寄ってくるムギマキ。まだ赤い実がたくさん残っています。 参考:メス
15-TACK2667-2-Edit-Edit-LR1.jpg

⑯ ツルマサキの実を啄むムギマキ。目的のこのシーンが撮れて良かった。(^_^)
16-TACK2701-2-Edit-Edit-LR1.jpg

⑰ オス若(左)とオス成鳥(右)が並びましたがピンとは合いません。(+_;)
17-TACK2751-2-Edit-Edit-LR1.jpg

⑱ ムギマキはキビタキに比べてオス・メス共淡色でシックな印象を受け好感が持てます。 参考:メス
18-TACK3326-2-Edit-Edit-LR2.jpg

*正直オスの若とメスの区別は自信がありません。あくまでも参考として下さい。

<END>

タグ:ムギマキ

都内野鳥公園の秋 [野鳥]

鳥枯れの野鳥公園・・・2016/10/20-21撮影

そろそろ夏鳥と冬鳥の入れ替え時期。そんな影響も有りどこもかしこも鳥枯れ気味です。
しかし秋晴れの昨日今日は都内公園で過ごしました。
都内で深まる秋を感じながらのんびり過ごすのも贅沢な一時です。
ついでにもう少し鳥が出てくれたらもっと充実感があったかも。
                      <坂の上の蜘蛛>

*それにしても今回は名前の解らない水鳥や昆虫に悩まされました。

① 珍しいというのでみなさんに連られて撮ったカモ。真ん中の一羽で名前はわかりません。(^_^;
01-E1DX5840-LR1.jpg

② 水鳥に疎い私には即座にはわかりません。(追って調べてみます)ホシハジロのメスでしょうか。
02-E1DX5898-Edit-LR1.jpg

③ たぶんルリタテハ(蝶にも疎い)
03-E1DX6009-Edit-LR1.jpg

④ 羽を閉じるとこうなります。
04-E1DX6004-Edit-LR1.jpg

⑤ ハラビロカマキリ?(カマキリにも疎い)
05-E1DX6050-LR1.jpg

⑥ アオアシシギと思って撮ったがコアオアシシギかも(水鳥には自信を持って疎い)
06-E1DX6070-2-LR1.jpg

⑦ 足は長め、嘴の反りも不明瞭、サイズは意外に小さかったような・・・コアオアシシギでしょうか
07-E1DX6097-2-LR1.jpg

⑧ 私の好きな水鳥はセイタカシギ、イソシギ等ですがこの鳥も共通点がありそうな・・・
08-E1DX6114-2-LR1.jpg

09-E1DX6144-2-LR1.jpg

10-E1DX6152-2-LR1.jpg

⑪ これまた難しいムシクイ。別アングルでも頭央線が確認出来なかったのでメボソ???
11-E1DX6198-2-Edit-LR1.jpg

⑫ レンジャーの方の説明では頭央線は目立たない場合もあるし下腹部の黄色味と嘴の色から
  センダイムシクイでしょうとのこと。
12-E1DX6200-2-Edit-LR1.jpg

<END>

チョウゲンボウの渡り・・・? [野鳥]

チョウゲンボウの渡り?・・・2016/10/11撮影 

『ナヌー!! んなこたーねーだろう、いい加減なこと言うんじゃねー』って言われそうですね。
はい、その通り嘘で〜す。 このあたりのチョウゲンボウは渡らないと思います。

この日河原でセッカを撮っていると時々チョウゲンボウが上空に現れ何を狙っているのか
頻繁にホバリング&時々急降下。思わず撮らされてしまいました。

長いホバリングなので撮影枚数が多くなり、一枚一枚アップするのもつまらないので一工夫。
背景が同じなのでお遊びで数ショットずつ統合し3枚にまとめて公開してみました。
合成写真と言うのではなく、連続写真です。
                    <坂の上の蜘蛛>


① 連写モードで並べてみたら鷹の渡りに見えました。
01-TACK6507集合-1-LR.jpg


② 尾羽を開いたポーズで暫くホバリング。 鷹の渡りもこんな距離で撮れたら良いですね。
02-TACK6575-2-2-LR.jpg


③ 色々なポーズをランダムに収集しました。
03-TACK7289連続-3-2-2-LR-1-2.jpg

<END>
*私の疑問です
チョウゲンボウを図鑑等で調べると冬鳥として渡来と書かれていますが実際は春から夏にかけて営巣
していますよね。むしろ冬の方が少ないような気がします。

ノビタキ・ソバの花 [野鳥]

ノビタキ・ソバの花・・・2016/10/12撮影

この時期ノビタキ記事が多いので、その影響でもないですが私も行って参りました。
実はその前に本命の狙いものがあったのですが全く出る気配無くこちらに移動したと言う経緯です。

さて「ソバの花にノビタキ」ですが清楚なソバの花とノビタキは田圃やセイタカアワダチソウなどと
ひと味違ったイメージを期待して挑んだのですがとにかく距離が遠くて思い描いたイメージ通りの写真は
撮れませんでした。
遠景も情景写真としてはそれなりに良いのですが、近場の写真も欲しかったっていう事かな。
                               <坂の上の蜘蛛>


① ソバ畑に佇むノビタキ。
01-TACK8303-2-Edit-LR.jpg

② 周囲の農機具や家屋の色が程よく彩ってくれます。
02-TACK8390-2-LR.jpg

03-TACK8413-2-LR.jpg

04-TACK8445-2-LR.jpg

05-TACK8529-2-LR.jpg

06-TACK8642-2-LR.jpg

⑦ 
07-TACK8737-2-LR.jpg

⑧ 親亀の背中ではなく「おんぶバッタ」です。 道ばたで見つけました。
08-TACK7579-2-LR.jpg

<END>

観閲式 [その他]

写真展案内.jpg

友人に誘われ陸上自衛隊朝霞訓練場で開催される観閲式なるものを見学してきました。
観閲式がいかなるものか予備知識もなしに行ってきました。
まー、概ね予想と大きく乖離のない内容で、結構楽しめるイベントでした。

取り分け戦車が隊列を組んで走行する様は予想以上に高速で凄まじいもので圧巻でした。
因みに私は軍事オタクでも何でもありませんが結構嵌りますね。

それにたまには鳥以外も気分転換になります。(^^)
                          <坂の上の蜘蛛>

枚数が多くなりましたがじっくり見る内容でもありませんのでさらりと眺めてください。
① 特に説明は致しません。
01-TACK8941-2-LR.jpg

02-TACK8943-2-LR.jpg

03-TACK8970-2-LR.jpg

04-TACK8982-2-LR-3.jpg

05-TACK8999-2-LR-3.jpg

06-TACK9007-2-LR-3.jpg

07-TACK9028-2-LR-3.jpg

08-TACK9041-2-LR-3.jpg

09-TACK9121-2-LR-3.jpg

10-TACK9140-2-LR-3.jpg

11-TACK9197-2-LR-2.jpg

12-TACK9202-2-LR-2.jpg

13-TACK9218-2-LR-2.jpg

14-TACK9240-2-LR-2.jpg

15-TACK9286-2-LR-2.jpg

16-TACK9565-2-LR-2.jpg

17-TACK9610-2-LR-2.jpg

18-TACK9691-2-LR-2.jpg

19-TACK9709-2-LR-2.jpg

20-TACK9853-2-LR-2.jpg

21-TACK0021-2-LR-2.jpg

22-TACK0024-2-LR-2.jpg

<END>


セッカ With コスモス [野鳥]

花とセッカ(雪加)・・・2016/10/11撮影

今日は花絡みの鳥を撮りたくて薄曇りの天気にも関わらず出掛けてきました。
この時期はみなさんコスモスノビタキとか花絡みのノビタキが一般的ですが
私は初めからセッカ狙いで出陣です。

到着時はコスモス畑を行ったり来たりを繰り返し、しかもコスモスの根っこ付近から
飛び上がり、根っこ付近に飛び込む繰り返し。
これではとても撮影は困難と諦めましたが、徐々にコスモスの茎を這い上がり
見える場所に姿を現し始め、なんとかそこそこのコスモス絡みセッカが撮れました。
かなり手強い相手でした。
いや〜おかげで久しぶりに写真らしい写真が撮れた気がしてスカッと気分で帰路に
つきました。
                            <坂の上の蜘蛛>


① やっと地面から少しずつ浮上してきます。
01-TACK6107-2-LR.jpg

② 到着後1時間ほど待ってついに全貌を見せ始めました。
02-TACK6191-2-Edit-LR.jpg

③ セッカ特有の枝またぎポーズ。
03-TACK6717-2-LR.jpg

④ 近くに若鳥がいるようで餌を運んでました。
04-TACK6722-2-LR.jpg

05-TACK6763-2-LR.jpg

06-TACK6768-2-Edit-LR.jpg

07-TACK6776-2-LR.jpg

⑧ 秋桜が枯れ始めており汚いのが残念。
08-TACK6797-2-Edit-LR.jpg

09-TACK6806-2-Edit-LR.jpg

⑩ なかなかきれいなグラデーションかと。
10-TACK6958-2-LR.jpg

11-TACK7007-2-LR-2.jpg

13-TACK7050-2-LR.jpg

14-TACK7099-2-LR.jpg

⑭ 今度は青虫を捕ってきました。
15-TACK7145-2-LR.jpg

⑮ ヒナ鳥に餌を運びます。
16-TACK7147-2-Edit-LR.jpg

<END>


タグ:セッカ

エゾビタキ

行きがけの駄賃・エゾビタキ・・・2016/10/07撮影・記

今日は最近通い始めた歯のメンテナンスに行ってきた。予約が朝や夕方は取れず2時半だったので
どこかに出掛けるには中途半端な1日になってしまうと言うスケジュールだ。

しかも今日は秋晴れの好天。帰りに時間があったらどこかに行けるように手持ち機材を
持ち込んで出掛けた。
その甲斐あって帰りに立ち依った森でエゾビタキが舞っておりキビタキオスも確認出来たが
キビタキオスはなかなか良いところに止まってくれずまともには撮れなかった。
一時間ほどで暗くなったので引き揚げましたが「行きがけの駄賃」としては十分楽しめました。
                                <坂の上の蜘蛛>


① 「エゾビタキ」 平地の森も秋色になって参りました。
01-TACK5353-2-LR.jpg


02-TACK5297-2-Edit-LR.jpg


③ 同じような写真ばかりです(+_;)
03-TACK5387-2-LR.jpg


04-TACK5525-2-Edit-LR.jpg


05-TACK5554-


06-TACK5566-


07-TACK5650-


08-TACK5357-

<END>

タグ:エゾビタキ