So-net無料ブログ作成

意地のベニマシコ・オス [野鳥]

ベニマシコ・オス Get!!・・・2017/11/15

先週初めからベニマシコに翻弄されているというかのめり込んでいます。
何故ならメスは割と簡単にそこそこ良い条件で撮れたがオスがどうしても撮れないんです。
撮れないとなると余計に意地になり闘志をかき立てられます。
と言うわけでこの際どこでも良いからと林道方面に今日は2度目の挑戦と相成りました。

このところ狙いものはことごとく撃沈、惨敗続きで今日も駄目かとダメ元で挑んだ。
が、まだ運は少し残っていた様で、今日は林道に入って20分足らずで赤いベニマシコを発見。やった〜!!
諸手を挙げて万歳をしたかったが周りに数人CMさんがいたのでハズいのでやめた_m(__)m

その後も数ヶ所で発見。久しぶりにスカッとするほど連写できました。
ベニマシコの最盛期は1月、2月の寒い時期と思いますが、その時期は草木は枯れて殺風景です。
その意味でこの時期の撮影にはそれなりに意義がある様な気がします。

取り敢えず撮影順にアップしましたが、気が向いたら追加掲載もあるかも(^^)
                            ♪坂の上の蜘蛛♪


① 緑色の木の葉の中のベニマシコです。
01-TACK8843-2LR-1.jpg

② オスが2羽、メス1羽のグループでした。(写真はオス2羽)
02-TACK8945-2LR-1.jpg

03-TACK8984-2LR-1.jpg

04-TACK9041

⑤ 周囲は赤く色付いています。
05-TACK9083

06-TACK9248

07-TACK9330

08-TACK9348

⑨ メス
09-TACK9359

⑩ メス
10-TACK9373

⑪ オスメスツーショットです。周りがクチャグチャですが。
11-TACK9675

12-TACK9771

⑬ メスの可愛いらしいポーズです。
13-TACK9824

⑭ メス
14-TACK9863

⑮ 最後はオスで Close.
15-TACK9982

|END|

タグ:ベニマシコ
nice!(36)  コメント(6) 

林道散策 [野鳥]

友人の作品展のお知らせ:只今開催中!!
   作品展案内
写真展の会場
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

林道散策
・・・2017/11/13

林道を散策してきましたがまだまだ準備中の様相でした。
フル装備で3時間あまりの散策は徒労に終わりほとほと疲れました(>_<)ゞ。
このところ何を撮りにどこに行っても撃沈ばかり。落ち込んでしまいます(泣き)

ベニマシコのメスは何とか撮れたが雄には出会えず。
ルリビタキは今期初撮りでしたが上体のみ・・・(×_×)
                          |坂の上の蜘蛛|


① ルリビタキ(メスorオス若?)
01-TACK8626-2LR-1.jpg

② ベニマシコ♀ 被りだらけです(+_;)
02-TACK8704-2LR-1.jpg

03-TACK8810-2LR-1.jpg

04-TACK8821-2LR-1.jpg

05-TACK8826-2LR-1.jpg

06-TACK8829-2LR-1.jpg

|END|

nice!(40)  コメント(2) 

三歩進んで二歩下がる [野鳥]

 友人の作品展のお知らせ:只今開催中!!
   作品展案内
写真展の会場
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

河川の野鳥「三歩進んで二歩下がる」・・・2017/11/11記

今日こそ紅雄を撮るぞ〜!!って木枯らし吹き荒れる河川に。
「三日で三歩」前進あるのみと思いきや今日はさっぱりオスメスとも姿を見せず。
そういえば「三日で三歩」の後に「三歩進んで二歩下がる」と繋がっていた。
まさにその通り。紅雄は見込み薄。かなり後退した感じだった。
あと一歩、手の届くところまで到達したつもりだったが・・・。見込み違いだった。
と言うわけで昨日の五目撮りをアップします。
                   |坂の上の蜘蛛|


 ① カワラヒワが良く出ました。
01-TACK4003-2LR-1.jpg

 ② 頬白は良いところに出てくれますが。
02-TACK8487-2LR-1.jpg

 ③ ジョウビタキの雄も良く出ました。
03-TACK4041-2LR-1.jpg

 ④ ジョウビタキのメスも登場。
04-TACK8328-2LR-1.jpg

 ⑤ モズ
05-TACK8446-2LR-1.jpg

 ⑥ ベニマシコのメスがお立ち台に。こんなシーンは今季初かも。
06-TACK4054-2LR-1.jpg

 ⑦ 
07-TACK4065-2LR-1.jpg

 ⑧ こちらは水面バック。
08-TACK4099-2LR-1.jpg

 ⑨ ”鵜”の飛翔。
09-TACK4153-2LR-1.jpg

 ⑩ ”鵜”が数百羽いました。塒入りでしょうか。
10-TACK4180-2LR-1.jpg

|END|

nice!(42)  コメント(4) 

多摩川下流域 [野鳥]

午後の多摩川下流域・・・2017/11/05撮影

11月に入って遅い秋晴れの晴天が続いています。
大国の要人もこの陽気でのゴルフに大満足だったらしい。スコアーは国家機密だとか(^^)

私は午後から久しぶりに多摩川下流域に出掛けてみました。
台風21号の爪跡が河川敷の随所に見られましたが水鳥は元気に泳いでいました。

久しぶりに顔見知りの方達にも会えてノンビリと半日を過ごしました。
                          |坂の上の蜘蛛|


 ① ユリカモメが多かった。
01-TACK0809

 ② 大きい鳥が至近距離という不慣れなシーンは意外に難しかった。
02-TACK0822

 ③ 着水
03-TACK0901

 ④
04-TACK0942

 ⑤ ヒドリカモ?
21-TACK0960-2LR-1.jpg

 ⑥ オナガカモ
22-TACK1152-2LR-1.jpg

 ⑦ セイタカシギの群れは中洲の方に追いやられて、この一羽だけ気まぐれに寄って来ました。
08-TACK1111-2LR-1.jpg

 ⑧ セイタカシギの飛翔
09-TACK1066-2LR-1.jpg

 ⑨ 久しぶりのシーンで上手く撮れず。
10-TACK1198-2LR-1.jpg

 ⑩ 中洲でカワセミがホバっていました。
11-TACK1027-2LR-1.jpg

 ⑪
12-TACK1032-2LR-1.jpg

 ⑫
13-TACK1034-2LR-1.jpg

|END|

タグ:ユリカモメ
nice!(34)  コメント(4) 

冬鳥集合!! [野鳥]

里に冬鳥がやって来る!・・・2017/11/01撮影

すでに多くのブログに「ジョウビタキ今季初撮り」の見出しが踊っています。
私も特に焦っては居ませんでしたが遅ればせながら「今季初撮り」が出来ました。
公園にいるとモズの姿も見られ、冬鳥がやって来ていることを実感できます。
                          |坂の上の蜘蛛|


 ① ジョウビタキのメス(ジョビ子)が近くの木に止まったり出たり遊んでいました。
01-TACK9156.jpg

 ② ジョウビタキのメスはとても愛くるしいです。
02-TACK9158.jpg

 ③
03-TACK9180.jpg

 ④
04-TACK9404.jpg

 ⑤
05-TACK9227.jpg

 ⑥ 距離が近かったので、ここまでノントリ無修正・いわゆる”撮って出し”です。
06-TACK9339.jpg

 ⑦ カワラヒワは季節感はないかな。
07-TACK9528.jpg

 ⑧ モズは相変わらず木の天辺に止まります。
08-TACK9922.jpg

|END|

nice!(33)  コメント(2) 

イスカ [野鳥]

イスカ・・・2017/10/31撮影

10月も最終日です。北総方面にイスカを撮りに行って来ました。
このところ惨敗続きで今日も駄目かもとそんな思いが過ぎりましたが・・・。
ところがポイントに到着するとオス一羽、メス数羽の群れが居るではないか!!
やったー! 間に合ったーヽ(^o^)ノ
と喜んだのは束の間、カメラマンと枝被り状態で10分程居ただけで小群は雲散霧消。
その後4時まで待ったが全く姿を見せず。

もう少し早ければ・・・昨日だったら・・・
かくして今日も悔しい結果で帰る羽目になりました。
やはり神無月は駄目か〜(*_*)
              |坂の上の蜘蛛|

後日談・・・11月2日記
その後のイスカ情報ですが、11月1日は早朝7時頃オス・メス確認。辛うじて撮影出来たレベル。
11月2日は一日中全く姿も見られず。とのことでした。
と言うことはこの記事で10数分しか撮れなかったことを不運と思っていましたが
まともに撮れた最後の10数分に間に合ったと言うことでラッキーだったとも言えそうです(^^)

訂正・・・11月3日記
今朝再調査結果、昨日2日は健在だったそうなので、上記"後日談”は誤情報になります。
訂正してお詫び申しあげます。

 ① CMと枝を避けて何とか撮れた私にとっては貴重なショットです。
01-TACK7840.jpg

 ②
02-TACK7862.jpg

 ③
03-TACK7999.jpg

 ④
04-TACK8081.jpg

 ⑤
05-TACK8013.jpg

 ⑥
06-TACK8088.jpg

 ⑦
07-TACK8090.jpg

 ⑧ 以下メスです。オスの様な艶やかさはありません。
08-TACK7925.jpg

 ⑨ メスは何羽か居ましたが・・・
09-TACK8246.jpg

 ⑩ この個体は一羽だけ10分以上この体勢でした。
10-TACK8280.jpg

|END|

タグ:イスカ
nice!(41)  コメント(6) 

麦蒔けど実らず [野鳥]

麦蒔き空振り・・・2017/10/28撮影

台風が近づいているので、その前にと夜行日帰りで信州戸隠までムギマキ狙い。
老体にむち打って強行スケジュールで行って来ました。
まるで朝苦手の私が5時頃から準備し、覚めやらぬ目をこすりポイントに向かいます。
6時頃からスタンバイ、2時半頃雨が降り出すまでの8時間以上冷蔵庫内の気温の下で
ひたすらムギマキを狙うも、努力は必ずしも報われるわけではなく!!
残念ながらこの日は姿を見せず。

周辺を行き交う多くのCM達の情報は錯綜、一瞬出たらしいとかキビタキだったとか
確実に撮影したという情報はなく、私的には出ていないと結論付けました。

昨日まで出ていたというので、一昨年同様1日違いの不運に泣くことと相成りました(/_;)
唯一撮れたのはオオアカゲラとゴジュウカラでした。
                      |坂の上の蜘蛛|


① オオアカゲラが突然登場。少し遠目でした。
01-TACK7446-2LR-1-2.jpg

② 周辺は小枝が多い。
02-TACK7596-2LR-1.jpg

③ 遠目ですが特徴は解るかと・・・
03-TACK7683-2LR-1.jpg

④ ゴジュウカラも友情出演・・・同情かも。
04-TACK7718-2LR-1.jpg

05-TACK7724-2LR-1.jpg



⑥ まだ早かったので戸隠 蕎麦処『そばの実』で ☟ を食べて帰路につきました。
美味しかった!!
06-IMG_1184LR-1.jpg

|END|

nice!(43)  コメント(6) 

カワセミ [野鳥]

カワセミ・・・2017/10/26記

翡翠写真と言えばエサ捕りダイブやホバリングなどのダイナミックシーンが定番です。
翡翠ファンはダイナミック撮影がとても上手です。
それに比して私はダイナミックは苦手ですがスタティック=静的写真が得意です(笑い。

冗談はさておき、背景次第で静的なカワセミシーンが絵的に私は大好きです。
                            |坂の上の蜘蛛|

  *10月20日都内調整池にて撮影。

① トベラの太目の枝に佇むカワセミ。淡色で日本画的な絵です。
11-TACK6589-2LR-1.jpg

② 餌を捕って戻ってきます。安定した枝なので止まる機会が多いそうです。
12-TACK6205-2LR-1.jpg

③ 休憩も食事もこの枝です。
13-TACK6284-2LR-1.jpg

④ あまり動かないので私が対岸に移動してみました。
14-TACK6389-2LR-1.jpg

⑤ お腹もまーまー綺麗なお嬢さんです。
15-TACK6419-2LR-1.jpg

⑥ 「そろそろお腹が空いてきたな〜!」と水面を眺める。
16-TACK6476-2LR-1.jpg
|END|

タグ:カワセミ
nice!(50)  コメント(8) 

湖畔の五目撮り [野鳥]

湖畔の五目撮り・・・2017/10/24撮影

あちこち探鳥しながら辿り着いたのが湖畔の堤防。
現地到着は2時少し前と相変わらず遅い。
あれもこれもと色々いるので集中できず、天気も曇天と全てが中途半端だったかも(+_;)

鳥果は「カンムリカイツブリ」「オオジュリン」「コシジロウミツバメ」
「ホオアカ」「ノゴマ」と珍鳥を含め種類だけは豊富でした。
が、遠い!!暗い!!に悩まされた1日でした(^^)
                           |坂の上の蜘蛛|


① 『カンムリカイツブリ』
01-TACK0290-2LR-12.jpg

② 曇天でしたが辛うじて赤目が確認出来ました。(解りにくいかな)
02-TACK0393-2LR-1.jpg

③ 正面から見たカンムリ。
03-TACK0461-2LR-1.jpg

④ 『オオジュリン』が草むらで餌を啄んでいました。
04-TACK0551-2LR-1.jpg

⑤ 煩雑な背景です。
05-TACK0564-2LR-1.jpg

06-TACK1184-2LR-1.jpg

⑦ 『コシジロウミツバメ』だそうです。遙か彼方を飛翔していました。100メートル以上あったかな?
07-TACK1357-2-Edit-EditLR-1.jpg

⑧ コシジロの白色部が確認出来るので証拠写真にはなるかと。
08-TACK1405-2LR-1.jpg

⑨ 全長19-22mm、翼開長45-48cm。 このサイズからしてあまりに遠かった。
09-TACK1416-2-EditLR-1.jpg

⑩ ホオアカでしょうか? 石ころの隙間を移動するも石の上には上がらず。
10-TACK1575-2LR-1.jpg

⑪ 石の上を通過する瞬間。
11-TACK1618-2LR-1.jpg

⑫ 4時半頃ひょっこり姿を現した『ノゴマ』12-TACK1891-2LR-1.jpg


13-TACK1913-2LR-1.jpg

⑭ 曇天の4時半は如何せん暗い!! 枝の上ならまだしも植え込みの下です。
14-TACK1916-2LR-1.jpg
|END|

nice!(35)  コメント(0) 

カワセミ [野鳥]

ピラカンサ・カワセミ・・・2017/10/20撮影

2年ぶりにピラカンサカワセミを撮ってきました。
2年前と極めて酷似したシチュエーションですが改めてその美しさを堪能出来ました。

カワセミはその背景とのコンビネーションで醸し出す絵作りには最高のモチーフですね。
                                |坂の上の蜘蛛|

     *全ての画像をノントリで掲載しました。

① 小雨の中かなり待たされて登場しました。
01-TACK6638-2LR-1.jpg

03-TACK6716-2LR-1.jpg

04-TACK6760-2LR-1.jpg

05-TACK6911-2LR-1.jpg

        06-TACK6961-2LR-1.jpg

07-TACK6999-2LR-1-2.jpg

|END|

nice!(33)  コメント(4)