So-net無料ブログ作成
検索選択

地元のオオルリ [野鳥]

地元フィールドのオオルリ・・・2017/04/23撮影
久しぶりに市内の公園に行ってみました。
日曜日なので遠出は避ける意味と週末は常連さん達に会える可能性が大という期待もあった。
とはいえ午後出勤だったので午前中は・・・が出たと言う話しはいつも通り。
それでもオオルリの声が壊れた私の耳にも届く程元気に囀ってくれ、何とか写真に納める
事はできました。
しかし時間的にも徐々に逆光が厳しくなりこれ以上良い条件は望めそうもないので
この場は切り上げ、水場に立ち寄り様子見していたら何とオオルリが目の前に登場。
最高のシーンを独占スクープ!!と思いきや悲しいかな露出ミス! ガビーン!!
未だに超初心者的なミスをするところが私の実力なのかも知れませんね(v_v)
                           <坂の上の蜘蛛>

① 久々に地元フィールドのオオルリ。
01-TACK3640-2LR-1-2.jpg

02-TACK3688-2LR-1.jpg

03-TACK3696-2LR-1.jpg

04-TACK3727-2LR-1.jpg

05-0TACK3733-2LR-1.jpg

⑥ お腹シーンばかり。
06-TACK3823-2LR-1.jpg

⑦ 帰りに立ち寄った水場にオオルリが登場してくれました。
07-TACK3864-2-EditLR-1.jpg

⑧ 設定ミスで露出オーバー。何とか現像ソフトで補正してのアップです。
08-TACK3877-2-EditLR-1.jpg

⑨ まさかと思いつつ暇にまかせて待っていたら出てくることもあるんですね。
09-TACK3881-2-EditLR-1-2.jpg

⑩ しっかり水浴びもしていました。
10-TACK3894-2-EditLR-1-2.jpg
                        <END>

タグ:オオルリ

コムクドリ [野鳥]

桜並木のコムクドリ・・・2017/04/21撮影

満開の桜並木からお花見客の姿が消えた頃、野鳥ファンを密かに楽しませてくれる鳥がいます。
『コムクドリ』です。

少し時期が遅かったのか出が良くありませんでしたがそれでも暫く待てば数十羽の群れが
飛んで来るのが確認出来ます。(近くの畑や茂みに潜んでいるようです)
そしてたまに桜の木に入ります。そんなペースなのでじっくり気長に待つ覚悟が必要です。

この日は群れが飛び去った後たった一羽のオスが30分程残って付き合ってくれました。
とは言え桜の木は花びらは散ったもののピンク色のガクが沢山残っており被りを避けるのに
一苦労。もっとも密を蓄えたガクがなくなったらコムクも来ないでしょうが。
というわけでなかなか綺麗に撮るのはこの鳥も私には難しかった・・・。

後から一人二人と集まってきた大砲レンズや三脚使用のCM達は苦労していましたが、
100-400mm手持ちで挑んだ私は大正解でした。それでもこんな程度ですが(汗。

後ろを振り返ると畑でキジが鳴いていたり、河原で凧揚げをしていたり、芝桜を観賞したり
この辺りはノンビリ1日楽しめそうですね。(^^)
                       
<坂の上の蜘蛛>

① コムクドリのこんなシーンも良いですね。
01-TACK2268-2LR-1.jpg

② 身震いしています。雨覆いや風切りの色がとてもきれいなことを改めて実感。
02-TACK2230-2LR-1.jpg

③ 見返り美人。
03-TACK2275-2LR-1.jpg

④ 桜の枝止まり。
04-TACK0133-2LR-1.jpg

⑤ 忙しなく動き回ります。
05-TACK0147-2LR-1.jpg

⑥ 配色多彩で綺麗です。
06-TACK0212-2LR-1.jpg

⑦ おどけた表情も可愛い。
07-TACK0307-2LR-1.jpg

⑧ やんちゃ坊主のしぐさ。
08-TACK0350-2LR-1.jpg

⑨ 緑に埋もれたシーン。
09-TACK0571-2LR-1.jpg


10-TACK1202-2LR-1.jpg


11-TACK1678-2LR-1.jpg

⑫ 枝移り。
12-TACK1685-2LR-1.jpg

⑬ ムクドリはどうしてもお腹から撮るチャンスが多いですね。
13-TACK1715-2LR-1.jpg


14-TACK2003-2LR-1.jpg

⑮ 側面から背面が美しい鳥だと思います。
15-TACK2118-2LR-1.jpg

⑯ いつの間にかメスがやって来て飛び去りました。それを機に撤収。
16-TACK2651-2LR-1-2.jpg

⑰ 後ろの畑ではキジがけたたましい声で鳴いていました。
17-TACK0015-2LR-1.jpg

⑱ ゴールデンウイークには毎年大凧まつりが行われます。
   このタコは中凧かな。たこ糸がハッキリ映っていませんが100本位あったと思います。
18-TACK0052-2LR-1.jpg

                         <END>


タグ:コムクドリ

コマドリ・II [野鳥]

今日もコマドリ・・・2017/04/19撮影

今日はスカッとオオルリを撮りたくて再び山間部に行ってきました。
しかし思い通りにならないのが鳥撮りの常。
今日は全く囀りも聞こえず、姿も見ることはできませんでした。

しかし今日もコマドリが出ているとのことなのでそちらで埋め合わせ、たっぷり撮ってきました。
というわけでコマドリが続いてしまいます。
                 <坂の上の蜘蛛>


① 前回は枝止まりでほとんど動きなし。今回は沢の斜面を動き回り追いかけるのが大変でした。
01-TACK2888LR-1.jpg

02-TACK2962LR-1.jpg

03-TACK3032LR-1.jpg

04-TACK3085LR-1.jpg

05-TACK3097LR-1.jpg

06-TACK3176LR-1.jpg

07-TACK3257LR-1.jpg

08-TACK3294LR-1.jpg

09-TACK3307LR-1.jpg

10-TACK3447LR-1.jpg

11-TACK3549LR-1.jpg

⑫ 午前中は岩苔シーンが撮れたそうですが午後は斜面ばかりでした(v_v)
12-TACK3573LR-1.jpg

<END>

タグ:コマドリ

いずこも新緑の候 [野鳥]

新緑の候・探鳥にいそしむ・・・2017/04/17

暖かい陽気に後押しされ山間部に行って来ました。
平地より少し早目に夏鳥が入っていました。

本命はこの季節の風物詩的な他愛ない鳥でしたが今日は想定外に『コマドリ』&『オオルリ』が
出てくれたので言うこと無し!!
帰りはバイクで雨に見舞われましたが少しも寒さは感じられず正に新緑の候、初夏でした。
                                <坂の上の蜘蛛>


① おっ!! oh!! コマドリだ〜!!     *類似シーンが多かったのでコマドリ写真を少し入れ替えました。
01-TACK2151-2LR-1.jpg

② 
02-TACK2267-2LR-1.jpg

03-TACK2289-2LR-1.jpg

04-TACK2483-2LR-1.jpg

05-TACK2651-2LR-1.jpg

06-TACK2338-2LR-1.jpg

07-TACK2372-2LR-1.jpg

08-TACK2439-2LR-1.jpg

⑨ オオルリは後ろ姿だけ?
09-TACK2101-2LR-1.jpg

10-TACK2104-2LR-1.jpg

11-TACK2108-2LR-1.jpg

⑫ 帰り際に何とか全姿が撮れました。
12-TACK2673-2LR-1-2.jpg

⑬ オオルリやキビタキは四季を感じさせる代表的な鳥ですね。
13-TACK2712-2LR-1.jpg

14-TACK2756-2LR-1.jpg

15-TACK2773-2LR-1.jpg

16-TACK2796-2LR-1.jpg

<END>

キビタキ [野鳥]

今季初のキビタキ・・・2017/04/14撮影

都内公園にライファー級の鳥を狙って行ってみました。
しかしCMさんの話しではどうも昨日あたりから姿を見ていないとか。
うーん、またもや一足遅かったか。
それでも夕方出ることもしばしばあったというのでそこそこ粘ってみたが結局出なかったようです。

それでもキビタキやカワセミその他を撮ることができ、手ぶらで帰る羽目にはならずに済みました(^^)
このポイントはもうすっかり新緑ムードが濃くなっており、暖かく撮影していても気持ちの良い1日でした。
                                      <坂の上の蜘蛛>


① 今季初撮りのキビタキ雄です。
01-TACK1706-2LR-1.jpg

② 新緑にキビタキはよく似合います。
02-TACK1720-2LR-1.jpg

03-TACK1748-2LR-1.jpg

04-TACK1756-2LR-1.jpg

05-TACK1778-2LR-1.jpg

06-TACK1823.jpg

08-TACK1836

⑧ ライファーも魅力ですが毎年訪れる季節の鳥に会うのもまた楽しからずや・・・(^^)
10-TACK1969

<END>


タグ:キビタキ

カワガラス [野鳥]

カワガラス・・・2017/04/12撮影

体調がかなり快復気味。久しぶりに天気も回復でかなり暖かい1日でした。
と言うわけで今日は俄然探鳥に出掛ける気になりました。

狙いは数種類あったが結果撮れたのはカワガラスだけでした。
ここのカワガラスはまだ抱卵中か2羽出揃ったのは最初の数分のみ。

いずれにしても地味なカワガラスはヒナの巣立ち時が撮影チャンスで
それ以外はあまり絵になりにくいですね。
                 <坂の上の蜘蛛>


01-TACK1242-2-EditLR-1.jpg

02-TACK0731-2LR-1.jpg

03-TACK0772-2LR-1.jpg

04-TACK0794-2LR-1.jpg

05-TACK0810-2LR-1.jpg

06-TACK0830-2LR-1.jpg

07-TACK1034-2LR-1.jpg

08-TACK1047-2LR-1.jpg

09-TACK1220-2LR-1.jpg

10-TACK1232-2-EditLR-1.jpg

<END>

タグ:カワガラス

想い出の感動シーン!! [野鳥]

あの感動をもう一度!! 2017/04/09記

雨天続きで鳥撮りにも行けず、写真を整理していたらこんな写真が目にとまりました。
数年前のこの時期、キレンジャク(黄連雀)があちこちに飛来した年の写真です。

その後昨シーズンも今シーズンもイマイチの連雀だけにとても衝撃的でした。
というわけで”あの感動をもう一度!!”という気持ちを込めてアップします。
                        <坂の上の蜘蛛>


① ヤブランの実が沢山あり、それに群がっていました。
21-E1DX0223-2LR-2.jpg

22-E1DX8782-2-Edit-EditLR-2.jpg

③ 桜の木に連雀という如く連なるシーンもありました。
23-E1DX8800-2LR-2.jpg

24-E1DX9051-2LR-2.jpg

25-E1DX9075-2-Edit-EditLR-2.jpg

26-E1DX9385-2-Edit-EditLR-2.jpg

27-E1DX9582-2LR-2.jpg

28-E1DX9625-2LR-2.jpg

⑨ 桜の枝にも止まります。
29-E1DX9311-2-Edit-EditLR-3.jpg

⑩ ついに桜絡みも撮れました。
30-E1DX9820ps-2LR-2.jpg

*勿論ヒレンジャク(緋連雀)もほぼ同数飛来しましたが今回の写真はキレンジャク(黄連雀)のみです。

<END>


悲恋雀(ヒレンジャク) [野鳥]

悲恋雀(ヒレンジャク)・・・2017/04/06

悲恋雀!! 誤変換ではなく本当に悲恋の撮影結果でした(涙。
風邪の不調をおして私的にはかなり早朝出勤の8時現地入りしました。
気持ちが萎えているせいで撮影意欲はイマイチ、どうせ今日は出ないだろうと高を括っていたら
10時過ぎに出てきちゃいました。アチャー!!(@_@;)

それが被りのない枝の先端ですっきり写真が撮れる場所でしたが私はカメラの支度をしていなかったので
撮り逃し。最近いつも逃した魚は大きい・・・ばかり。
チャンスに遭遇できるか否かは運にもよりますが、チャンスをものにする確率を高めるのは心掛け次第です。
これで最初のワンチャンスを逃しました(v_v)。

その後は少し気合いを入れて撮りましたが被りの多い場所ばかり。
かくして今日は『悲恋雀』になってしまったという訳です(泣き。


① 寄生木の中に入ったきりしばらく出なかったが動きを察知し構えてたら飛び出しました。
  SSが飛び出しを予測していなかったのでブレ気味。トリミングが厳しいので3枚重ねました。
01-TACK0572ps2-2LR-1.jpg

② 強めの風が吹いて揺れる枝の隙間から垣間見える瞬間を狙います。
02-TACK0590ps-2-EditLR-1.jpg

③ 全貌はなかなか見えません。
03-TACK0618-2-EditLR-1.jpg

④ そしてみんなピン甘です。
04-TACK0641-2-EditLR-1.jpg

05-TACK0648ps-2-EditLR-1.jpg

⑥ 
06-TACK0692-2-EditLR-1.jpg

07-TACK0717-2-EditLR-1.jpg

*お粗末な写真ばかりで恐縮です(×_×)
<END>


初物『ヒレンジャク』 [野鳥]

今季初物『ヒレンジャク』・・・2017/04/04撮影

昨シーズンからレンジャクが東京近郊に来てくれません。
そんな中この公園に一羽だけ入ったという情報はあったが一羽じゃいつまでいるかもわからないし
わざわざ出向くほどでもないかと様子見していました。

今日たまたま近くに行ったついでに立ち寄り、カメラも持たずにポイント付近に
様子を見にいってみたらナヌー!! 本当に一羽のレンジャクがいるじゃないの(*_*)
慌てて車にカメラを取りに戻り息せき切らして駆けつけ、なんとか間に合ったが少し移動しており
全姿が見えなくなってしまいました。
まー、とにかく今季初物と言うことで良かった良かったですね\(^O^)/

おかげで風邪気味でむせ込んでいたのが更に悪化したかも(^_^;
                         <坂の上の蜘蛛>


① 今期初撮りの『ヒレンジャク』
01-TACK9781LR-1.jpg

② ヒレンジャクを示す尾が見えません。
02-TACK9816LR-1.jpg

③ 場所を変えても全体が見えるところはなし。
03-TACK9825LR-1.jpg

05-TACK9868LR-1.jpg

⑤ 僅かに尾羽の赤色が確認できます。
06-TACK9893LR-1.jpg

⑥ 後ろを振り返るともう季節は春爛漫。 レンジャクの飛来が遅すぎますね。
07-TACK0011LR-1.jpg

<END>

春の小川で・・・ [野鳥]

春の小川の野鳥たち・・・2017/03/30撮影

遅ればせながら野川にシマアジ探鳥に行ってみた。
最近は関心も薄れたようでシマアジ狙いのカメラマンは少なく、行き交う人に尋ねても最近見かけないという。

春の小川の河原を探索しながら移動するとあちこちでカワセミの営巣活動が見られ、それを狙うCMが
数グループ確認出来た。暖かい春の陽気で気分は最高!!
シマアジは半ば諦め私もその中の1ポイントでカワセミ撮影に付き合うことに。
場所に依っては菜の花絡みもあるようだがこの場所は小枝の多い場所だった。

あと数日すれば川の両側の桜が覆い被さるように咲き乱れる情景が目に浮かびました。
桜カワセミも間近ですね。(一部の木が1分咲き程度)

カワセミを撮っていたら昨日シマアジを目撃したという方が現れどうしてもシマアジが撮りたかったので
その情報を頼りに周辺に駆けつけた。
どうにか陽が落ちる前に発見出来て何とか目的を達成。やれやれと言う気分でした。\(^O^)/
とはいえこの日は特にパフォーマンスもなく単調な写真ばかり。
                           <坂の上の蜘蛛>


① カワセミのメスがツルの多い斜面に止まって羽繕い。
07-TACK9773-2LR-1.jpg

② オスが餌を持って現れます。同じ枝に止まらないのが残念。
08-TACK9804-2LR-1.jpg

③ メスが餌の魚を受け取ります。
09-TACK9840-2LR-1.jpg

④ どこかに飛び去ります。
10-TACK9852-2LR-1.jpg

⑤ こちらは魚がないので ↑と別シーンのようです。
11-TACK9940-2LR-1.jpg

⑥ この後下流に移動しました。
12-TACK9941-2LR-1.jpg

⑦ シマアジポイントに向かう途中で『アオサギ』がうずくまっていました。
13-TACK9967-2LR-1.jpg

⑧ 同じく途中で『バン』
14-TACK9986-2LR-1.jpg

⑨ 脚の色がきれいです。
15-TACK9992-2LR-1.jpg

⑩ ついに『シマアジ』発見!!
01-TACK0100-2LR-1.jpg

⑪ ずっと一緒に行動していたのはシマアジのメスに見えますがそんな情報はなかったし・・・?
02-TACK0136-2LR-1.jpg

⑫ 昨年より成長したという噂でしたが私にはあまり変化が見られなかった。
03-TACK0234-2LR-1.jpg

04-TACK0270-2LR-1.jpg

05-TACK0406-2LR-1.jpg

⑮ 特にパフォーマンスはありませんでした。
06-TACK0463-2LR-1.jpg

<END>