So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年上期ダイジェスト-2/2 [野鳥]

2017年上期ダイジェスト-2/2

昨日はやや涼しかったこともあり、ハスカワセミポイントに行って来ました。
粘りに粘って何とか目的のハスカワはゲット出来ましたが、上期ダイジェストを優先します。
2017年上期ダイジェストはこれで終了です。
                 <坂の上の蜘蛛>

*写真番号はダイジェスト1/2から通し番号です。
㉔ 5月上旬・・・有名ポイントの「コマドリ」
24-0508-TACK8842-2-EditLR-1.jpg

㉕ 同上
25-0508-TACK9451-2-EditLR-1.jpg

㉖ 5月上旬・・・「コマドリ」の水鏡。 僅かな波でもくっきり映りません。
26-0508-TACK9550-2LR-1.jpg

㉗ 5月中旬・・・新緑の候の「キビタキ」。信州の森にて。
27-0511-TACK0969-2LR-1.jpg

㉘ 5月中旬・・・水辺に降りた「コルリ」・信州の森にて。
28-0511-TACK1368-2LR-1.jpg

㉙  5月中旬・・・沢沿いで囀る「ミソサザイ」・信州の森にて。
29-0512-TACK0544-2-Edit-EditLR-1.jpg

㉚ 5月中旬・・・話題になった「ソリハシセイタカシギ」・木更津方面にて。
30-0515-TACK6394-2LR-1.jpg

㉛ 同上・・・招かれざる珍鳥「ソリハシセイタカシギ」を追い出そうと攻撃するセイタカシギ。
32-0515-TACK7622-2-EditLR-1-2.jpg

㉜ 5月中旬・・・どこでも見られる「オオヨシキリ」。
         ギョギョシー・ギョギョシーとやかましいが好きな鳥です。
31-0515-TACK6800

㉝ 5月中旬・・・営巣前の「サンコウチョウ」橫浜市内にて。
         今季はこの後もサンコウチョウはたくさん撮れました。
33-0519-TACK3679-3-EditLR-1.jpg

㉞ 5月下旬・・・武蔵野の丘陵で見つけた「カッコウ」良く鳴いていました。
34-0529-TACK0613-2LR-1.jpg

㉟ 5月下旬・・・「セイタカシギの雛」が孵りました。よちよち歩きです。木更津方面。
35-0531-TACK7524-2LR-1.jpg

㊱ 6月上旬・・・都内公園でツミの営巣活動が始まったようです。
36-0604-TACK9303-2-Edit-2psLR-1.jpg

㊲ 同上   オスは巣の近くの木で見張りをします。
37-0605-TACK0174-2LR-1.jpg

㊳ 6月上旬・・・「アカガシラサギ」が多摩川に。遠くてイマイチでした。
38-0608-TACK2209-2LR-1.jpg

㊴ 6月中旬・・・「ツミの水浴び」 都内公園なので何度も通いました。
39-0614-TACK5081-2-EditLR-1.jpg

㊵ 6月中旬・・・「ツミのオスメス餌渡しシーン」です。
40-0618-TACK7654-2LR-1.jpg

㊶ 6月下旬・・・「クロツグミの水浴び」 富士山周辺にて。
41-0623-TACK0419-2LR-1-2.jpg

㊷ 6月下旬・・・久しぶりの「ヤマセミ」 丹沢周辺にて。
42-0627-TACK2600-2LR-1.jpg

㊸ 同上
43-0627-TACK2649-2-Edit-EditLR-1.jpg

㊹ 6月下旬〜7月初・・・「フクロウの巣立ち」 彩の国にて。
44-0701-4TACK3914-2LR-1-2.jpg

㊺ 同上  巣立ち後2日目位のフクロウの雛。
45-0701-5TACK3110-2LR-1.jpg
<END>

2017年上期ダイジェスト-1/2 [野鳥]

2017年上期総決算-前編(四半期)

2017年前半のダイジェスト版です。単なる振り返りです。
整理してみると今年もライファー級の鳥も少ないし、然りとて完成度の高い写真もなく
少し落ち込んでしまいます(/_;)
取り敢えず今年前半のダイジェスト版を2編でまとめて見ました。
                     <坂の上の蜘蛛>


① 1月・・・今年は相模川のナベヅルで年明けしました。
01-0104-E1DX1954LR-1.jpg

② まだ幼鳥だったので首が白くなかった。
02-0104-E1DX2484LR-1.jpg

③ 1月・・・武蔵野の公園にはニシオジロビタキのオスが来て盛り上がりました。
03-0108-AB9I0884LR-1.jpg

④ 1月・・・野川公園のリュウキュウサンショウクイも賑わいました。
04-0124-TACK1840-Edit-EditLR-1.jpg

⑤ 2月・・・館林のヤツガシラ。町中が盛り上がりました。地元の方は迷惑だったかも。
05-0210-TACK3281-Edit-EditLR-2.jpg

⑥ 2月・・・大宮公園のミコアイサ。
06-0212-TACK4203-EditLR-1.jpg

⑦ 2月・・・ハチジョウツグミとツグミのバトル。(横浜市の公園)
07-0222-1DXL0852LR-1.jpg

⑧ 2月・・・カワセミのダイビング。たまに撮ります。(横浜の公園)
08-0223-1DXL1702-.jpg

⑨ 2月・・・サンシュの木にルリビタキ。(川崎市の公園)
09-0225-TACK0506LR-1.jpg

⑩ 3月・・・「ムラサキサギ」3月は石垣島に行って来ました。
10-0309-TACK1523LR-1.jpg
⑪ 3月・・・「シロハラクイナ」
11-0309-TACK1834-2LR-1.jpg

⑫ 3月・・・カンムリワシの若様。
12-0309-TACK2359.jpg

⑬ 3月・・・「カンムリワシ」これを撮りに石垣島に行った様なものです。
13-0309-TACK2893LR-1.jpg

⑭ 3月・・・「リュウキュウコノハズク」ナイトツアーで懐中電灯で撮影。
14-0309-TACK3295.jpg

⑮ 3月・・・バナナの葉に止まった「サシバ」
15-0310-TACK3780.jpg

⑯ 3月・・・「カタグロトビ」(被写体が遠いので合成しました)
16-0311-TACK3405ps-1LR-1.jpg

⑰ 3月・・・利根川の「コミミズク」
17-0329-TACK8679.jpg

⑱ 4月・・・「丹沢のコマドリ」今年はここで何度か撮れました。
18-0419-TACK3097LR-1.jpg

⑲ 4月・・・「コムクドリ」(相模川座間付近)
19-0420-TACK2230-2LR-1.jpg

⑳ 4月・・・お山のキビタキ。(富士山周辺)
20-0425-TACK4377.jpg

㉑ 4月・・・クロツグミ(富士山周辺)
21-0425-TACK6415.jpg

㉒ 4月・・・クロツグミの水浴び(富士山周辺)
22-0425-TACK6437.jpg

㉓ 4月末・・・「オオルリ」(川崎の公園)
23-0426-TACK6851.jpg

2/2へ続く

オオタカ・ 第三弾 [野鳥]

オオタカ・第三弾・・・飛び出し編

オオタカシリーズ最終です。最終は飛び出しです。

新緑に浮かれ楽しんでいる内に季節の移ろいは速く・・・
あっという間に鳥枯れ、そして猛暑続きでなかなか鳥撮りには厳しい季節となりました。
というわけでオオタカ幼鳥ネタを3回も掲載してしまいました。(^_^;

今日も蒸し暑いけど高校野球中継もないし、そろそろネタ探しに行ってこなくちゃ f(^ー^;
                            <坂の上の蜘蛛>


① 幼鳥とは言え周囲を見渡すときは鋭い眼光です。
01-TACK0341-2LR-1.jpg

02-TACK0377-2LR-1.jpg

03-TACK0378-2LR-1.jpg

04-TACK0379-2LR-1.jpg

05-TACK0381-2LR-1.jpg

06-TACK0392-2LR-1.jpg

07-TACK0406-2LR-1.jpg

⑧ 飛び出しと言っても練習のようなものかな。
08-TACK0407-2LR-1.jpg

⑨ オオタカが飛んでいるすぐ近くの水面をカルガモの雛が涼しげに泳いでいます。(なぜか雛が2羽だけ)
  オオタカの若様は狩りができない事を知っているんですね。
09-TACK0440-2LR-1.jpg

⑩ 澄んだ清流が涼しげです。
10-TACK0450-2LR-1.jpg

<END>

オオタカ・ 第二弾 [野鳥]

オオタカ幼鳥の枝止まり・・・2017/07/21撮影

オオタカ幼鳥第二弾は枝止まりの勇姿です。

この前日は枝止まりも被りが多く1枚もまともに撮れなかったと言うのにこの日は移動する先々
全て姿がよく見える場所ばかり。たっぷり撮らせて貰いました。

幼鳥といえど体長は既に成鳥並み。時折見せる鋭い眼光はオオタカのそれを感じさせます。
これでも自分で狩りは出来ない様なのでまだ暫くこの森で親の庇護の元で過ごすんでしょうね。
卵から孵って巣内育雛期→巣外育雛期それぞれおよそ1ヶ月合計2ヶ月ほど親元で過ごすようです。
                                 <坂の上の蜘蛛>


 ① 少し到着が遅れましたがまだ待っていてくれました(^^)
01-TACK9934-2LR-1.jpg

 ② ほぼ真下に行かないと抜けません。正面から撮れず。
02-TACK9945-2LR-1.jpg

 ③ どこに廻ってもこんな感じ。
03-TACK0025-2LR-1.jpg

 ④
04-TACK0057-2LR-1.jpg

 ⑤
05-TACK0051-2LR-1.jpg

 ⑥ 対岸に廻ってやっと正面から撮れました。
06-TACK0082-2LR-1-2.jpg

 ⑦
07-TACK0221-2LR-1.jpg

 ⑧ 暫くしてやっと移動しました。
08-TACK1398-2LR-1.jpg

 ⑨ その後も何度か移動するも、そこそこ見える位置でした。
09-TACK1472-2LR-1.jpg

 ⑩ 早く立派な成鳥になって欲しいものです(._.)オジギ
10-TACK1532-2LR-1.jpg

<END>

オオタカ水浴び [野鳥]

オオタカ若様の水浴び・・・2017/07/20撮影

関東地方も梅雨明けし、何の気兼ねなく大っぴらに暑さが迫ってくるようです(汗汗汗。
そんな中昨日オオタカの若様を見に行ったのですが、高い木の上で被りだらけ。
まともな写真は1枚も撮れず。グヤジ〜〜〜!!思いですごすご退散。
このままではどうにも気が収まらず今日リベンジに行って来ました。

私的には早目の出勤。ショートカットコースを誤って30分程堂々巡り、結局あまり早くなくなったが
今日は私を待っていてくれました。暫くは木止まり。その後枝を移動したり。
水浴びをしたそうな顔をしているがなかなか飛び込まない。
1時間ほどじらされたが結局はたっぷり水浴びを披露\(^O^)/ヤッター!!

というわけで本命の水浴びから公開します。
暑いのでこのシーンで涼んでいただければと多目にアップしました(^^)
                                 <坂の上の蜘蛛>


① やっと川に飛び降りました。
01-TACK0646-2LR-1.jpg

02-TACK0919-2LR-1.jpg

03-TACK0935-2LR-1.jpg

04-TACK1066-2LR-1.jpg

05-TACK1193-2LR-1.jpg

06-TACK1257-2LR-1.jpg

07-TACK1277-2LR-1.jpg

08-TACK1278-2LR-1.jpg

09-TACK1279-2LR-1.jpg

10-TACK1280-2LR-1.jpg

11-TACK1281-2LR-1.jpg

12-TACK1297-2LR-1.jpg

13-TACK1326-2LR-1.jpg

14-TACK1333-2LR-1.jpg

15-TACK1342-2LR-1.jpg
<END>

アカエリカイツブリ [野鳥]

アカエリカイツブリ・・・2017/07/08撮影

今日も真夏日。都内は3時頃から雷雨予報。こんな天候では流石に鳥撮りは躊躇ってしまう。
しかしここ数日鳥撮りは低鳥、いや低調。
なにか近場で撮れる鳥ということで『アカエリカイツブリ』を撮りに行って来ました。

まだいるかどうか疑問でしたがまだいてくれました。
水鳥に疎い私にとって所詮カイツブリ。しかしそこそこ珍鳥と言うことなので・・・。
でも通常のカイツブリやカンムリカイツブリより魅力的な色と容姿でした。
                         <坂の上の蜘蛛>


① アカエリカイツブリ
01-TACK6603-2LR-1.jpg

02-TACK6629-2LR-1.jpg

03-TACK6984-2LR-1.jpg

④ 潜って小魚を咥えてきます。
04-TACK7122-2LR-1.jpg

05-TACK7124-2LR-1.jpg

06-TACK7148-2LR-1.jpg

07-TACK7200-2LR-1.jpg
⑧ ハチを咥えています。
08-TACK7259-2LR-1.jpg

09-TACK7340-2LR-1.jpg

10-TACK7351-2LR-1.jpg

<END>

ツミ [野鳥]

ツミの幼鳥の捕食シーン・・・2017/07/15撮影
ツミのヒナも巣立ちから大分日が経ちその容姿は成鳥と変わらない程になりました。
しかしまだ園内で数羽の雛が飛び交っています。勿論親鳥もいます。

なかなか数羽並んだシーンは撮れず、幼鳥の補食シーンの特集になります。
日射しが和らぐ午後4時過ぎに行ったので水浴びなど面白シーンはありませんでした。
*因みに400mmレンズで全てノントリです。
                  <坂の上の蜘蛛>

① 足下に餌を押さえつけています。
01-TACK8511-2LR-1.jpg

02-TACK8513-2LR-1.jpg

03-TACK8756-2-Edit-EditLR-1.jpg

04-TACK8932-2LR-1.jpg

⑤ リアルなのでモザイクを掛けました。
05-TACK8950-2-Edit-EditLR-1.jpg

06-TACK8973-2-Edit-EditLR-1.jpg
<END>

タグ:ツミ

サンコウチョウ [野鳥]

海の向こうのサンコウチョウ・・・2017/07/11撮影・記

梅雨明け前にも関わらず暑い日が続き出掛ける気力が萎えてしまいます。
が、オーバーシーのサンコウチョウを見に行ってきました。

今日のオーバーシーは東京湾の向こう木更津方面です(^^)
少しは気分転換も兼ねて普段と違うポイントに行ってみたかったこともありました。

まだ営巣中のポイントでしたが巣の位置はかなり厳しいところで撮影は苦労しました。
それでもサプライズと言うべきか、5メートル弱の距離の目線の枝に2,3分止まってくれました。
勿論横位置では尾が入りきらず、然りとて縦位置にしている余裕も三脚を整える間もなく
斜面で不安定な体勢で取り敢えずシャッターを押しまくりました。
2,3分いると解っていたら落ち着いて撮れたでしょうが・・・。
まー、初めてのポイントでそこそこ撮れてまーまーでした。
                        <坂の上の蜘蛛>


① サンコウチョウの♀。雛が数羽いるようですがあまり頭を出してくれず。
01-TACK5642-2LR-1.jpg

② 場所を変えても見通しは良くならず。
02-TACK6262-2LR-1.jpg

③ 時々オスに交代しますが全体は見えません(+_;)
03-TACK5784-2LR-1.jpg

④ 餌を運んできます。
04-TACK6043-2LR-1.jpg

⑤ サプライズ!! 至近距離に止まった三光鳥。但し逆光且つかなり暗い場所でした。勿論ノントリです。
05-TACK6112-2LR-1.jpg

⑥ 同上
06-TACK6115-2LR-1.jpg

⑦ その後も数ヶ所で撮れました。
07-TACK6205-2LR-1.jpg

⑧ ちょっと好かしポーズ。
08-TACK6217-2LR-1.jpg

09-TACK6220-2LR-1.jpg

10-TACK6380-2LR-1.jpg

11-TACK6381-2LR-1.jpg

⑫ この後奥に飛び去り撤収となりました。
12-TACK6402-2LR-1.jpg

<END>

オオルリの幼鳥 [野鳥]

オオルリ幼鳥の水浴び・・・2017/07/09

今日は最高気温35℃の予報だった。出掛ける気力が失せる。
と思いつつもまだ”夏眠”には早過ぎと気合いを入れてサンコウチョウ撮影に出掛けました。

現地の駐輪場付近の悪路でバイク転倒!! あちゃー!! 人身被害はないもののバイクには打痕が数ヶ所(T-T)
やっちまったことは仕方ないと気持ちを切り替えてポイントに向かう。
最初のポイントに到着し、しばらくそこで様子見するつもりで荷物を置いてスタンバイ。
しかしなかなか獲物は現れず。諦めて移動を始めたがどこにも営巣らしきポイントが見当たらず最奥端まで。
一時間近く歩いて渇いた喉を潤そうと思ったら肝心のリュックを背負っていない。
そうだ、最初のポイントに置いてきたんだと気付き急いで引き返す。
写真の機材と現金、運転免許証と無くしたら厄介なものが結構ある。
結果、さすが日本。しかも林道の人達は野鳥カメラマンがほとんど。
ということで無事にリュックはそのままの状態で残っていました。(^-^)ヨカッタ

それでなくとも遅い現地入りなのにどたばたで既に2時間経過。
その後サンコウチョウは何度か見かけるも集中力欠如でさっぱり撮れず。
帰り際、お土産にサンコウチョウの水浴びでもと狙っていたらオオルリ幼鳥が登場し水浴び開始。
今日はそれで満足と撤収。トタバタの一日でした(@_@;)
                          <坂の上の蜘蛛>

① 帰りがけに登場のオオルリ幼鳥。巣立ち間もない感じです。
01-TACK7934-2LR-1-2.jpg

02-TACK7946-2LR-1.jpg

③ 2羽登場。尾羽に瑠璃色の片鱗が見られます。
03-TACK7959-2LR-1.jpg

04-TACK7982-2LR-1.jpg

05-TACK8019-2LR-1.jpg

⑥ どうしてこんな崖っぷちに止まるんでしょう。安全地帯と言うことかな。
06-TACK8200-2-EditLR-1.jpg

⑦ これはオオルリ幼鳥♀かな。
07-TACK8071-2LR-1.jpg

⑧ この時既に6時を有に廻っています。かなり暗くEOS7D2でISO6400撮影です(@_@;)
08-TACK8134-2LR-1.jpg

⑨ シャッター速度も動く被写体には限界です。
09-TACK8159-2LR-1.jpg

⑩ あまり暗いのでソフトライトを横からフェードイン。鳥は全く無反応でした。
10-TACK8161-2LR-2.jpg

<END>

フクロウ総集編 [野鳥]

フクロウ観察記録・・・7/26〜7/2

わずか3回の観察では夏休みの自由研究としても不十分ですね(^_^;
とは言え巣穴のヒナ確認から巣立ち直後まで観ることができたので私的には満足です。

最近はフクロウが営巣出来る洞のある大木が少ないので巣箱での営巣が増えているようです。
そういえば信州の森にも信州大とか研究グループが設置した巣箱がありました。
撮影する立場で言うと自然な大木の洞穴がが絵になりますがこれもやむなし苦肉の策ですね。

毎年民家の屋根裏に営巣し、住人に懐いているという映像をテレビで観ました。
もともとフクロウ系は人間に懐きやすい鳥なのかも知れませんね。
ミミズクなどペットで飼っている人も大勢いますし。(勿論輸入物です)
                        <坂の上の蜘蛛>


① 『6月26日』  2,3日前にヒナの姿を発見したそうです。(それまで営巣事実すらわからなかったとか)
11-TACK2018-2LR-1.jpg

② 産毛も色付いており、いつ巣立ちしてもいい成長ぶりです。
12-TACK1869-2LR-1.jpg

③ 後ろにもう一羽蠢くものが。 たぶん二番仔でしょう。(ここで言う二番仔とは卵から孵った順番です)
13-TACK1623-2LR-1.jpg

④ 今度は下から顔を出しました。
14-TACK2280-2LR-1.jpg

⑤ 『7月1日』 一番仔、二番仔とも巣立っており、巣の近くで遊んでいました。
15-TACK2965-2LR-1-2.jpg

⑥ 高い枝にも止まります。
16-TACK3042-2LR-1.jpg

17-TACK3110-2LR-1.jpg

⑧ 時々落下し、木の幹をよじ登ります。
18-TACK3492-2LR-1.jpg

⑨ たぶん一番仔が巣の側にやってきました。巣の中は末っ子の三番仔です。
19-TACK3914-2LR-2.jpg

⑩ 『7月2日』 昨日私達が帰った後三番仔も巣立ったそうです。 これは一番仔です。
20-TACK4278-2LR-1.jpg

⑪ これはたぶん二番仔。
21-TACK4687-2LR-1.jpg

⑫ 一瞬夕陽に浮かび上がったフクロウ。
22-TACK5073-2LR-2.jpg

⑬ 羽をよじり始めました。
23-TACK5242-2LR-1.jpg

⑭ エンジェルポーズに入ります・・・
24-TACK5263-2LR-2.jpg

⑮ エンジェルポーズフィニッシュ決まり!!
25-TACK5283-2LR-1-2.jpg

⑯ かくして三羽のヒナが無事に巣立ちました。
26-TACK5297-2LR-1.jpg

<END>

タグ:フクロウ