So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

浮島町公園 [飛行機]

大賑わいの浮島町公園・・・2019/01/21(20日撮影)

いつも通り夕方ぶらりと浮島町公園に飛行機を見に出掛けてみた。
何も気にせず浮島に到着したのは4時少し前でそれ程早くはなかった。

ところがどうしたことか、100人位のカメラマンが集まっているではないか(@_@;)
隣にいたマニアっぽい若者に事情を聞いたら、明快な答が返ってきた。
明日21日安倍総理がロシアその他訪問のため政府専用機が千歳基地からやってくるとのこと。
今年3月末でお役御免の政府専用機B747-47C機体は羽田での撮影は徐々に難しくなると言うわけで
それがこのお祭り騒ぎの原因だった。

私のプライベートスポットと勝手に宣言していたこの場所でこんな混雑は初めての経験でした(^_^)
最も近くで撮影出来る羽田空港の2タミは凄い混雑だったかも知れませんね。

そして何も知らずに出掛けた私が到着間もない15:53頃C滑走路に進入してきた。(ここから接地は見えず)
私にとってはラッキーな偶然でした。(ファンには失礼だけどそれ程感心はないんだけど)
それに24日には羽田に戻ってきますけどね(^^)

私はそれ以上に上り始めた月(満月前日)とのコラボの方に感心大でした(^^)


① 皆さんが目的の政府専用機がC滑走路に入って来ました。 
01-EO7D1102-2LR-1.jpg

② B747-47C は今年の3月末で新機種B−777に変わります。今回が政府専用機最後の任務かも。
  (1月24日羽田に戻る予定)
02-EO7D1142-2LR-1.jpg

③ アクアライン「風の塔」上空からA滑走路に進入します。
03-EO7D1217-2LR-1.jpg

④ 海上のD滑走路との連絡誘導路。
04-EO7D1226-2LR-1.jpg

⑤ ぎりぎりで月が入り始めました。
05-EO7D1266-2LR-1.jpg

⑥ 珍しくもない機体ですがJALとANAが多いので新鮮に見えます。
06-EO7D1289-2LR-1.jpg

⑦ D滑走路から離陸した機体が大きく右旋回し月に重なりました。6枚並べてみました。
07-EO7D1299-2連続-統合-2LR-1.jpg

⑧ C滑走路の進入高度よりはかなり高くなっています。
08-EO7D1350-2-EditLR-1.jpg

⑨ もう少しで高さが揃いそうです。
09-EO7D1488-2-EditLR-1-2.jpg

⑩ この機体はほぼ月に重なりましたが、重なってしまうと写真はつまらなくなります(×_×)
10-EO7D1546-2LR-1.jpg

⑪ 「進入降下角」は全機体ほぼ同じなので高度もほぼ同じです。フレームに納まるのは16:40〜17:00頃。
  その内機体と重なるのは10分程度でしょうか。
11-EO7D1577-2LR-1.jpg

|END|



nice!(9)  コメント(3) 

オシドリ(鴛鴦)-2 [野鳥]

オシドリ(動編)・・・2019/01/20(14日撮影)

オシドリを『静』と『動』編に分類してアップしてみましたが飛翔がないので誇大広告になりました(>_<)

オシドリは見た目は綺麗で大人しい鳥に見えますが気性は激しいし、毎年連れ合いは変わるし
意外性の多い鳥です。それも魅力の一つでしょうか(^_^)
オシドリが数羽集まってくると羽ばたいて周りの鳥を追い払ったり水面をジャンプしながら滑空します。
本当におてんば娘に腕白坊主です(^_^)
                  |坂の上の蜘蛛|


① 定刻になると茂みの中から一羽二羽と現れ、小競り合いが始まります(^^)
21-EO7D0095-2LR-1.jpg

22-EO7D0096-2LR-12.jpg

23-EO7D0099-2LR-12.jpg

④ 水面滑空に入るポーズ。
24-EO7D0101-2LR-12.jpg

25-EO7D0313-2LR-12.jpg

⑥ パタパタも何度も見せてくれました。
26-EO7D0351-2LR-12.jpg

27-EO7D0355-2LR-12.jpg

28-EO7D0384-2LR-12.jpg

29-EO7D0225-2LR-1.jpg

30-EO7D0226-2LR-1.jpg

31-EO7D0714-2LR-12.jpg

⑫ 水浴びモードです。
32-EO7D0640-2LR-12.jpg

33-EO7D0659-2LR-12.jpg

34-EO7D0670-2LR-1.jpg

35-EO7D0753-2LR-12.jpg

⑯ 陽が陰るに従いオシドリが集まってきます。数十羽は居たようです。
36-EO7D0555-2LR-12.jpg

|END|




タグ:オシドリ
nice!(42)  コメント(4) 

オオマシコ (大猿子)-2 [野鳥]

オオマシコ(地上編)・・・2019/01/18(16日撮影)

オオマシコシリーズ-2は地上編です。

皆さんに馴染みの深いフィールドです。

苔むした倒木がしつらえてあり、撮り様に依って綺麗に見えます。

但し、どこの舞台も似たり寄ったり感がありいかにも・・・と見えてしまうのが残念です(×_×

 

然りとて庭師に依頼するわけにも行かず止むナシですね(^^)

セットするだけでも大変な手間を要するわけで設営者に感謝感謝です(._.)オジギ

                              |坂の上の蜘蛛|


① ステージにやって来たオオマシコ♂成鳥です。やはり綺麗な鳥ですよね\(^O^)/
01-E1DX1622-1-2LR-1.jpg

02-E1DX1643-1-2LR-1.jpg

03-E1DX1686-2LR-1.jpg

④ 素朴な枝止まりが好きです(^^)
04-E1DX1814-2LR-1.jpg

⑤ 背景に緑があれば文句なし。
05-E1DX1824-2LR-1.jpg

06-E1DX1845-2LR-1.jpg

⑦ オス若に見えましたが・・・?
07-E1DX1960-2LR-1.jpg

08-E1DX1984-2LR-1.jpg

09-E1DX1986-2LR-1.jpg

10-E1DX1990-2LR-1.jpg

11-E1DX2163-2LR-1.jpg

⑫ 上空は晴れていたが一時粉雪が舞っていました。もう少し降って欲しかった(^_^)
12-E1DX2212ps2-2LR-1.jpg

|END|




タグ:オオマシコ
nice!(40)  コメント(4) 

オシドリ(鴛鴦) [野鳥]

オシドリ・前編『静』・・・2019/01/17(14日撮影)

前回、冬鳥が少ないという事を書きましたが、オシドリは順調に飛来しているようです(^^)

さて、野鳥ファンの間では知り尽くされた話かも知れませんが敢えて書きます。
「オシドリ夫婦」とは仲の良い夫婦を形容する言葉として用いられます。

しかしオシドリの実態はどうかと言えば、メスが抱卵を始めたらオスは次の相手♀を探します。
そして毎年相手が変わるのがオシドリです(^_^)・・・羨ましく思うのは私だけ・・・(笑い)

オシドリに限らず優れた子孫を残すためにオスを毎年変える鳥類は少なくありません。
タンチョウや大型猛禽類の方が一生を共にする種類が多いかも知れません。

と言うわけで、結婚式のスピーチでは「オシドリ夫婦」は禁句になっているとか(×_×)
たくさん撮れたので「静」と「動」2シリーズとします。
前編は「静」です(^_^)                           
             |坂の上の蜘蛛|


① こんなシーンがよく見られるので「オシドリ夫婦」と言われるんですね。
01-EO7D0411-2LR-1.jpg

02-EO7D0153-2LR-1.jpg

03-EO7D0260-2LR-1-2.jpg

04-EO7D0405-2LR-1.jpg

05-EO7D0745-2LR-1.jpg

⑥ 池の周りの葦原が水面に映って綺麗な模様を形成しています。
06-EO7D0176-2LR-1.jpg

⑦ 場所に依って空色を映します。
07-EO7D0184-2LR-1.jpg

08-EO7D0343-2LR-1.jpg

⑨ メス単体写真が少ないですね。
09-EO7D0389-2LR-1.jpg

10-EO7D0608-2LR-1.jpg

11-EO7D0621-2LR-1.jpg

12-EO7D0728-2LR-1.jpg

⑬ もっと沢山居ましたが150mmレンズでは納まりません(>_<)
13-EO7D0481-2LR-1.jpg
|END|




タグ:オシドリ
nice!(42)  コメント(6) 

オオマシコ(大猿子) [野鳥]

オオマシコ(枝止まり編)・・・2019/01/15

今シーズンは冬鳥の飛来が遅く、少ない気がする。
大猿子もその一つに入っているようだ。というより代表格のようでもある。
最初の飛来は12月なので普通でしたがその後の入りが悪く、数が全然増えず、安定して出てくれないようだ。
私も年末に行った時は全くの坊主だった(>_<)

ここに限らず何処のフィールドも不調のようだ。理由は分からないが暖冬なのかな(^_^;
今日は10時半頃到着したら丁度小鳥の群れが来ているところ。その中に居た大猿子の♂幼鳥らしきのは
撮れたがさっきまで居たという成鳥のオスはもう居なかった。
くっそー!! 今日も又またぎりぎりで撮れないパターンか(◎-◎;)と気を揉んで待つ事1時間ほど。
再び現れた小鳥群団の中に真っ赤なオオマシコの成鳥♂が入っており、何とか面目躍如(*^^)v
その後も2,3,度来てくれたのでたっぷり撮ることが出来、スッキリ気分で帰路につきました(^_^)

たくさん撮れたので今日は枝止まり(少し遠目)をアップします。
アトリ、コガラ等もたくさん撮れましたので機会があればアップしたいと覆います。
                               |坂の上の蜘蛛|


① 今期初見初撮りのオオマシコオスの成鳥です。
01-E1DX1577-2LR-11.jpg

02-E1DX1616-2LR-1.jpg

03-E1DX1800-2LR-1.jpg

04-E1DX1853-2LR-1.jpg

06-E1DX1897-2LR-1.jpg

⑥ メスかオス若か不明。(私にはオス若に見えました)
07-E1DX1948-2LR-1.jpg

08-E1DX1950-2LR-1.jpg

10-E1DX2141-2LR-1-2.jpg

11-E1DX2344-2LR-1.jpg

13-E1DX2353-2LR-1.jpg

14-E1DX2358-2LR-1.jpg

15-EO7D0020-2LR-1.jpg

16-EO7D0055-2LR-1.jpg

17-EO7D0074-2LR-1.jpg

18-EO7D0082-2LR-1.jpg

⑯ 午後から粉雪が舞っていたので期待しましたが本降りにはならず(×_×)
19-EO7D0085-2LR-1.jpg

|END|




タグ:大猿子
nice!(44)  コメント(4) 

東京タワー [散策]

東京のシンボルタワー・・・2019/01/04記

開設60周年を迎えた「東京タワー」
電波塔としての役目は終えましたが東京のシンボルというか日本の高度成長のシンボルとして愛されています。
従って都民のみならず地方出身の人達にとっても愛着はひとしおです。

堀北真希出演の『三丁目の夕陽』やリリーフランキー著書『東京タワー』(映画も)非常に親しみや
郷愁を感じました。

今日の東京タワーはお正月2日の夕方に立ち寄った時の記事です。
年末には60周年記念イベントイルミネーションなどもあったし、その後もプロジェクトマッピングも当分
続くはずでしたが、用事があって早く切り上げたので見ることはできず。
それにお正月と言うことも有り、チケット購入が大渋滞で地上高150メートルのメインデッキ止まり。
ここだと東京都庁の展望台202メートルより低いです(^^)

そして西側は何かの理由でブラインド。夕焼け富士は見られず。
それに場所に依って窓の汚れがひどくモヤッと写真になりがち(×_×)

後日ゆっくり時間を掛けて250メートルのトップデッキまで行って来たいと思っています(^_^)
                                  |坂の上の蜘蛛|

① 地下鉄大門から徒歩。
01-IMG_9318-2LR-1.jpg

② 増上寺前。初詣で賑わっていました。
02-IMG_9319-2LR-1.jpg

③ この形が安定感があって落ちつきます。
03-IMG_9335-2LR-1.jpg

④ メインデッキ(地上150m)から見るともっと高いビルが目立ちます。
04-IMG_9337-2LR-1.jpg

⑤ 芝からお台場や羽田空港も飛行機も見えます。
05-IMG_9348-2LR-1.jpg

06-IMG_9357-2LR-1.jpg

⑦ スカイツリーはモヤッと!
07-IMG_9366-2LR-1.jpg

⑧ 直下を見下ろすとこんな感じ。この高さのオフィスはたくさんあると思います。
08-IMG_9371-2LR-1.jpg

⑨ アクアラインの換気口も見えます。
09-IMG_9372-2LR-1-2.jpg

10-IMG_9380-2LR-1.jpg
11-IMG_9387-2LR-1.jpg

 東京タワー公式キャラクター『ノッポン兄弟』
12-IMG_9394-2LR-1.jpg

⑬ ここでローアングル撮影しようとしゃがんだら踏ん張りが利かず後転。恥をかきました(汗)
13-IMG_9397-2LR-1.jpg

14-IMG_9399-2LR-1.jpg

15-IMG_9408-2LR-1.jpg

 増上寺境内の「千躰子育地蔵尊」(実際には1000体を超えているそうです)
子供の健康と成長を願って安置された地蔵尊です。16-IMG_9412-2LR-1.jpg

⑰ 大門付近
17-IMG_9419-2LR-1.jpg

|END|



タグ:東京タワー
nice!(37)  コメント(2) 

2019-01-12 [野鳥]

年末年始の湘南海岸・・・2019/01/12記

今年の年末年始は湘南海岸に数日通いました。
釣りではありませんよ(^^) 今期は冬鳥が少ないのでミサゴ狙いです。

ところが肝心のミサゴは上空に現れるものの水面には一度も降りて来ません(>_<)
たまに少し低空でホバリングはしますが水面には降りることなく飛び去ります。
餌のボラは群れているのですが何が気に入らないのか全く飛び込む気配がありません。

周りを群れ飛ぶカモメに訳を聞いても応えてくれませんでした(×_×)

今日のネタは海岸で待機している間に撮ったものをアップします。
                         |坂の上の蜘蛛|

① この日は一度だけ低空を旋回しましたがそれっきりでした(×_×)
01-EO7D8674-2LR-1.jpg

② 空背景なので無駄な両サイドをカット、四角フレームにしました。
02-EO7D8715-2LR-1.jpg

③ 風向きも良くカメラ目線でしたが。
03-EO7D8843-2LR-1.jpg

04-EO7D8942-2LR-1.jpg

05-EO7D9001-2LR-1.jpg

06-EO7D9056-2LR-1.jpg

⑦ 水面を見ているように見えますが。
07-EO7D9066-2LR-1.jpg

⑧ 時々モズがやって来て縄張り主張をしています。
08-EO7D9476-2LR-1-2.jpg

09-EO7D9491-2LR-1.jpg

10-EO7D9503-2LR-1.jpg

⑪ イソヒヨドリ♂が一羽だけたまにやってきます。
11-E1DX0875LR-1.jpg

12-E1DX0894LR-11.jpg

13-E1DX0930LR-1-2.jpg

14-E1DX0946LR-1.jpg

⑮ 好きな鳥です。
15-E1DX0954LR-1.jpg

|END|




nice!(42)  コメント(5) 

タゲリ [野鳥]

季節外れのタゲリ・・・2019/01/10

今日は風もなく穏やかな陽気。
風向きも良いので湘南の海岸に出掛けてみたがお目当ては全く現れず(v_v)

お昼で切り上げて久し振りに平塚の田圃を見に行ったら辛うじて一羽のタゲリを発見。
この時期この辺りに残って入る個体は越冬タイプでしょうか。
ここ以外でも散見されるようなので最近は越冬する鳥が増えているのかも知れませんが
一羽というのは気になります。

カメラマンは私一人なのでそっと近づいてかなり近くで撮影出来ました。
冬場の写真は背景に緑が少ないので物足りないのですが、想定外の遭遇に少し
気を良くして帰路につきました(^_^)
                |坂の上の蜘蛛|


① 渡りそこねのタゲリでしょうか。
00-E1DX1089-2-2LR-1.jpg

② 反り返った冠羽もメタリックカラーの羽も美しい。
01-E1DX1103-2LR-1.jpg

02-E1DX1107-2LR-1.jpg

04-E1DX1150-2LR-1.jpg

⑤ 冬期は枯れ草が多く殺風景だ。
06-E1DX1194-2LR-1.jpg

07-E1DX1208-2LR-1.jpg

09-E1DX1224-2LR-1.jpg

10-E1DX1230-2LR-1.jpg
11-E1DX1244-2LR-1.jpg

12-E1DX1257-2LR-1.jpg

14-E1DX1285-2LR-1.jpg

15-E1DX1295-2LR-1.jpg

16-E1DX1319-2LR-1.jpg

17-E1DX1325-2LR-1.jpg


18-E1DX1343-2LR-1.jpg



|END|



タグ:タゲリ
nice!(47)  コメント(10) 

ベニマシコ [野鳥]

ベニマシコ(紅猿子)・・・2019/01/08

例年この時期は林道のベニマシコ狙いに行く時期だ。今期も年末に2回は行っているが芳しくなかった。
そろそろ良い時期だし行きたいのは山々なのだが、年末のサンショウクイ撮影に苦戦しアップダウンのある
公園を何度も何度も往復し、脚の筋肉を痛めてしまいました。
その後も快復しないので昨日整骨院に行く有り様。暫く通院するようだ(>_<)
「サンショウクイ」が『一生悔い』を残すことにならなければいいが(^_^) と願うばかり・・・

渡りに船とはこのことか!! 比較的近場の平地公園にベニマシコが来ているとのこと。
これはラッキーとばかり陽気も適度な今日行って参りました。(実は2度目だが前回は寒くて途中棄権)

幸運にも今日は2時間と少しで1400ショット超え。
久し振りに狙いものでお腹いっぱいになりました。今度は指が腱鞘炎にならないように(祈り)
                                    |坂の上の蜘蛛|


① ベニマシコの♂♀。両方にピントが合いません。
01-E1DX9611-2LR-1.jpg

② ベニマシコはとにかく可愛いですね。
02-E1DX9839-2LR-1.jpg

③ アキニレ(秋楡)の木に種子を食べに何度もやって来ます。
03-E1DX9856-2LR-1.jpg

④ 飛翔開始ショット!
04-E1DX9907-2LR-1.jpg

⑤ 1400枚超の撮影でしたが、背景はほとんど一緒です(×_×)
05-E1DX9979-2LR-1.jpg

06-E1DX0047-2LR-1.jpg

07-E1DX0288-2LR-1.jpg

08-E1DX0291-2LR-1.jpg

09-E1DX0377-2LR-1.jpg

10-E1DX0404-2LR-1.jpg

11-E1DX0541-2LR-1.jpg

12-E1DX0702-2LR-1.jpg

13-E1DX0745-2LR-1.jpg

⑭ 残念ながら顔が見えず(>_<)
14-E1DX0758-2LR-1.jpg

15-E1DX0779-2LR-1.jpg

⑯ 枝移り?
16-E1DX0781-2LR-1.jpg

17-E1DX0788-2LR-1.jpg

18-E1DX0807-2LR-1.jpg
*ちょっと多目のアップですが1400枚超からセレクトした18枚と言うことでご容赦を(^_^)

|END|

タグ:ベニマシコ
nice!(51)  コメント(10) 

ミコアイサ(巫女秋沙)) [野鳥]

ミコアイサ(巫女秋沙・愛称:パンダガモ)・・・2019/01/06

比較的近くの公園でミコアイサを撮って来た。
もう一つターゲットがあったが、待機ポイントがあまりに冷たい風が吹き抜けるので耐えきれず退散。

昨日は川崎大師に初詣に行き、ダウンコート要らない好天下で屋台のおかずで一杯。
良い気分になっていたのに(^_^) 1日で10度の温度差には辟易。体が付いていけない(>_<)

鳥撮りも無理をしないでコツコツやるように年頭に誓った筈。のんびり行こう!!
                             |坂の上の蜘蛛|


① ミコアイサ(パンダガモの愛称で呼ばれる)
01-EO7D0226-2LR-1.jpg

② このフィールドにはこの3羽が入って居るようだ。(左からエクリプス?/オス♂/メス♀)
02-EO7D0368-2LR-1.jpg

③ 鴨類と言えばパタパタに期待(^^)
03-EO7D0309-2LR-1.jpg

04-EO7D0310-2LR-1.jpg

05-EO7D0312-2LR-1.jpg

                  ⑥                06-EO7D0314-2LR-1.jpg

07-EO7D0340-2LR-1.jpg

⑧ メスとエクリプスは赤い後頭部が違います。
08-EO7D0354-2LR-1.jpg

⑨ 今日のポイントはこれまでのミコアイサで一番遠距離でした(×_×)
10-EO7D0420-2LR-1.jpg

10-EO7D0409-2LR-1.jpg

13-EO7D0427-2LR-1.jpg

14-EO7D9567-2LR-1.jpg

15-EO7D9569-2LR-1.jpg

⑭ オスの飛翔!!
16-EO7D9604-2LR-1.jpg

⑮ 暫く追ってみました。
17-EO7D9609-2LR-1.jpg

20-EO7D9619-2LR-1.jpg

22-EO7D9699-2LR-1.jpg

⑱ メスも餌を捕獲して飛び出しました。赤味を帯びた魚は何ですかね?
24-EO7D9908-2-Edit-EditLR-1.jpg

|END|

タグ:ミコアイサ
nice!(55)  コメント(8) 
前の10件 | -