So-net無料ブログ作成

コクマルガラス [野鳥]

コクマルガラス・・・2018/11/27

コクマルガラスの情報は大分前に入っていたが何となく撮れそうもなく躊躇していた。
それでも最近撮るものがなく、ダメ元で行ってみた。

情報を頼りに辿り着いたのは広い田圃の中。この広範囲の何処に出てくるのやら。
しかし、カラスの群れを探し回り存在は割と早く確認出来たが撮影は思う様にはいかない。

都会にいる、人が近づいても逃げないカラスしか知らない私には極めてデリケートなカラス群で
車のドアを開けただけで飛び出す群れの中にコクマルガラスが混じっている。
コクマル集団は黒いカラスでも体が小さめだったので全てコクマルの仲間かも知れない。
(ミヤマガラスと混群を形成することもあるそうなのでわかりませんが)
ハシブトガラスの群れもあちこちにいるがこちらは車も人間にも動じない。

それにしてももう少しまともな条件で簡単な被写体と思いきやかなり手強い相手だった。
チャレンジ意欲は全く無し(^^)
                    |坂の上の蜘蛛|


*コクマルガラス:スズメ目カラス科カラス属
日本には越冬のため本州西部、特に九州に飛来する(冬鳥)
全長33cm。日本に飛来するカラス属では最小種。前身は黒く、側頭部に灰色の羽毛が混じる。
頚部から腹部の羽毛が白い淡色型と、全身黒い黒色型がいるそうです。

① コクマルカラス 最初の出会いは電線止まり!!
01-E1DX5948-2-Edit-EditLR-1.jpg

② サイズ、形からもしかして黒い方もコクマルかも?
02-E1DX5958-2.jpg

③ 田んぼに降りてもとにかく遠い。
03-E1DX6073-2.jpg

④ かなり酷い画質ですが普通のカラスと違うのは解っていただけるかと(^^)
04-E1DX6112-2.jpg

⑤ 近くで撮れたらそこそこインパクトのある鳥だと思います。
05-E1DX6119-2.jpg

06-E1DX6149-2a.jpg

07-E1DX6241-2a.jpg

⑧ 3羽いたようですがフレームに納まったのは2羽だけ。
08-E1DX6244-2a.jpg

|END|
 

nice!(53)  コメント(4)